今後の成長資金として

INCJ、V-Lowマルチメディア放送の事業会社「BIC」に最大10億円の出資

ファイル・ウェブ編集部
2014年10月07日
(株)産業革新機構(INCJ)は、V-Lowマルチメディア放送の事業全般を推進する複数の事業会社のホールディングカンパニーとなるBIC(株)の第三者割当増資を引き受け、同社の今後の成長資金として10億円を上限とする投資を行うことを決定した。

V-Lowマルチメディア放送は、地上アナログ放送の停波で空いた周波数帯域のうち、旧1〜3chに相当する周波数帯を使って行われるマルチメディア放送。既存のラジオやテレビジョンといった放送と異なり、あらゆるデジタルデータを配信することが可能。

BICは、エフエム東京が中心となって設立したホールディングカンパニー。ハード事業者である(株)VIPを有するほか、各々の地域ブロックごとにソフト事業者認定を目指す「地域マルチメディア放送会社」全国6社の株式を取得し、さらには、受信端末の普及にも直接関わることで、送信(ハード)、コンテンツ(ソフト)、受信機という、放送に必要な三要素すべての強力な推進を計画しているという。

INCJは、BICに対してVIPが計画している設備投資資金などの成長資金を提供するとともに、社外取締役の派遣等を通じ経営面でのサポートを行う。

INCJでは「本投資を通じて、INCJは様々な事業者、サービス提供者に対するマルチメディア配信プラットフォームの開放を促進し、災害に強い社会インフラの整備、地域格差のない情報伝達の実現、次世代サービス・技術の創出に努めていく」とコメントしている。

関連リンク

関連記事