ボーズ、コンパクトなサウンドバーシアターシステム「CineMate 15」

ファイル・ウェブ編集部
2014年09月16日
ボーズは、コンパクトなバータイプのホームシアターシステム「CineMate 15 home theater system」を9月26日に発売する。価格は60,000円(税抜)。

CineMate 15 home theater system

スピーカー部が小型なので設置しやすい

305W×83H×70Dmm/1.4kgのシアターバー部と、222W×364H×489Dmm/9.0kgのサブウーファー部(Acoustimassモジュール)から構成されている。

シアターバー部はコンパクトながら4つのスピーカーユニットを内蔵。独自信号技術「TrueSpace シグナル・プロセッシング」により、部屋いっぱいに広がるワイドな音場を創出できるという。

シアターバー部はコンパクトながら4つのスピーカーユニットを内蔵

対応音声フォーマットはPCM/ドルビーデジタル/MPEG-2 AACで、DTSには非対応。外部音声入力はアナログ音声×1、光デジタル音声×1、同軸デジタル音声×1で、テレビと1本のケーブルでシンプルに接続可能。付属のユニバーサルリモコンを使えば、テレビのほか周辺機器の基本操作も行える。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルフロントサラウンドシステム
  • ブランドBOSE
  • 型番CineMate 15 home theater speaker system
  • 発売日2014年9月26日
  • 価格¥60,000(税抜)
【SPEC】<サウンドバー>●外形寸法:305W×83H×70Dmm ●質量:1.4kg <Acoustimassモジュール>●外部音声入力:アナログ音声入力×1、光デジタル音声入力×1、同軸デジタル音声入力×1 ●外形寸法:222W×364H×489Dmm ●質量:9kg

関連記事