384/32、5.6MHz DSD対応

<IFA>ソニー、バランス駆動対応ポータブルヘッドホンアンプ「PHA-3AC」

ファイル・ウェブ編集部
2014年09月04日
ソニーはドイツの現地時間3日にIFA2014プレスカンファレンスを開催。新しいハイレゾ対応オーディオ製品群を発表した。

ポータブルヘッドホンアンプの新モデルとして、「PHA-3AC」を発表。欧州では10月から発売する。

「PHA-3AC」

384kHz/32ビットのPCMと2.8MHz/5.6MHz DSDに対応している。またバランス出力端子搭載し、MDR-Z7と組み合わせてバランス駆動が可能になった。

周波数帯域は10Hz〜100kHz。サポートするインピーダンスは8Ω〜600Ω。

出力端子は、ステレオミニジャックのほか、新たに3極バランス端子を装備した。

入力端子は、Computer/WALKMAN/Xperia用の端子が1系統、iPhone/iPad/iPod用の端子が1系統。ほかに光デジタル入力端子、ステレオミニ入力端子を装備する。

外形寸法は約80W×29H×140.5Dmm。質量は約231gとなる。

関連記事