TDK LoRからはKleer採用ワイヤレスヘッドホンなどが登場

<ポタフェス>ファイナルオーディオから50万&30万のヘッドホン登場/AKGプロシリーズに注目

ファイル・ウェブ編集部
2014年06月28日
e☆イヤホンは、6月28日(土)、29日(日)の2日間、「第5回ポータブルオーディオフェスティバル(通称:ポタフェス)」を開催している。本稿ではファイナルオーディオデザイン、ハーマンインターナショナル、TDK Life on Record、ヤマハ、SAEC、オルトフォンのブースレポートをお届けしよう。


ファイナルオーディオデザイン

ファイナルオーディオデザインは、今年夏〜秋の発売を予定しているヘッドホンの上位モデル「PANDORA HOPE X」「PANDORA HOPO VIII」のモックアップを参考出展していた。


左から新モデルとなるPANDORA HOPE X、VIII。そして既発売のVIとIV。
「PANDORA HOPE X」は50万円前後での販売が予想されるとのこと。自社開発BAドライバーとφ50mmダイナミック型ドライバーを搭載したハイブリッド方式。ハウジングはアルミと24金メッキステンレスを贅沢に使っている。「剛性の高い金属筐体でしか表現できなかった、明瞭でにじみのない生々しい音」が特徴だという。


PANDORA HOPE X

ハウジングはアルミと24金メッキステンレスを贅沢に使っている。
「PANDORA HOPE VIII」は30万円前後での販売が予想されるという。こちらも、自社開発BAドライバーとφ50mmダイナミック型ドライバーを搭載したハイブリッド方式。ただしXとはチューニングが異なるという。ハウジングは、こちらはシボ塗装仕上げのABSと24金メッキステンレスとなっている。

PANDORA HOPE VIII

ハウジングは、こちらはシボ塗装仕上げのABSと24金メッキステンレス


ハーマンインターナショナル

ハーマンインターナショナルは、AKGやJBLのヘッドホン/イヤホンを出展。なかでも注目を集めているのは、先日から同社も取扱を開始したAKGプロフェッショナルシリーズ「K812」などのラインナップだ。

プロフェッショナルシリーズも含むAKGのラインナップを出展した

K812


JBLもヘッドホンやイヤホンの主力モデルやスピーカーなどをラインナップした
また、AKGやJBLの製品を会場限定特価で購入できるコーナーも用意されている。あのモデルがあの価格で?!という掘り出し物も。ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。



TDK Life on Record

TDK Life on Recordブランドからは、Kleerを採用したワイヤレスヘッドホン「TH-WR800」など3モデルを参考出展していた。8月上旬の発売を予定しているという。


TH-WR800
「TH-WR800」はφ40mmダイナミック型ドライバーを搭載したヘッドホン部と、非圧縮無線伝送が可能なKleer通信用アダプターで構成。再生周波数特性は20Hz〜20kHzで、音圧感度は103dB±5dB/mW、入力インピーダンスは28Ω。電源は単四乾電池×4本を使用。価格は16,000円前後を予定している。


TH-WR700
「TH-WR700」はBluetoothヘッドホンで、価格は1万円前後を予定。Bluetooth 2.1規格に準拠し、再生周波数特製は20Hz〜20kHzで、音圧感度は90dB±3dB/mW、入力インピーダンスは32Ω。バッテリーはUSB充電に対応する。


ST560s
スマートフォン用リモコンが付いたヘッドホン「ST560s」は、ブラックとホワイトの2色を用意。φ40mmダイナミック型ドライバーを搭載し、再生周波数特性は20Hz〜20kHz。入力インピーダンスは32Ω。価格は6,000円前後になる見込みだという。

そのほか、“CLEF-X”「TH-XEC300(関連ニュース)」やBluetoothスピーカー「A12」など現行製品の試聴も行っていた。

“CLEF-X”「TH-XEC300」やBluetoothスピーカー「A12」なども展示されていた


ヤマハ

ヤマハは、6月中旬に発売となった新ヘッドホン「HPH-PRO400」などをはじめ、同社ヘッドホンのラインナップをズラリと取り揃えている。

ヤマハのヘッドホン群

HPH-PRO400

もちろんイヤホンも用意。楽器音色の忠実な再現を目指したチューニングを施したというイヤホン「EPH-100」を筆頭に、こちらも全ラインナップを用意し、試聴を行うことができた。

「EPH-100」を筆頭にイヤホンもズラリと展示し試聴することができた


SAEC


Dynamic Motionの新イヤホン「DM008P」
サエクコマースは、韓国Dynamic Motion社の新イヤホン「DM008P」を参考出展。これは第一弾製品の「DM008」をベースにしたモデルで、筐体をフルメタルボディへと変更。独自の8mm径 Power Dynamic Driverを搭載するなど、そのほかのスペックは「DM008」から引き継いでいる。税別19,800円で、6月下旬の発売を予定している。


オルトフォン


オルトフォンのブース
オルトフォンは、今年1月に発売したカナル型イヤホン「e-Q8」などを展示。本機はBAドライバー1基のシングルドライバー機だが、最大の特徴は純銀線のコイルを採用したことだ。銀は柔らかく加工が難しいが、工夫を重ねて実現したことで、特に高域の伸びを飛躍的に向上させたという。

e-Q8

5NX-505

また、新製品となるインターコネクトケーブル「5NX-505」も出展された。こちらは導体にHiFCとOFCのハイブリッド構造のものを採用。シースはポリウレタンエラストマーで、外径はφ7.5mm。価格は1.0mのものが10,000円(税抜)、1.5mのものが11,400円(税抜)となる。なおプラグはRCAタイプのみのラインナップ。

関連記事