HOME > ニュース > エプソンのスマートグラス「MOVERIO」が新防災対応システム実証実験に採用

エプソンのスマートグラス「MOVERIO」が新防災対応システム実証実験に採用

2014/06/13 ファイル・ウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
エプソンと独立行政法人 情報通信研究機構(NICT)は、それぞれの最先端技術を活用した新しい防災対応システムの実証実験を行った。

今回の実験に際し、エプソンは6月下旬発売予定のスマートグラス“MOVERIO”「BT-200」を提供。NICTは、災害時に利用可能なワイヤレス通信技術として、超高速インターネット衛星「きずな」と無人航空機システムとの連携システムを提供した。このシステムでは、無人航空機によって被災地上空から撮影した映像をリアルタイムで衛星回線経由で広域に伝送できる。

今回の実験概要

今回の実験では、まず無人機が災害現場を俯瞰して撮影。映像や撮影した位置の情報を、NICTの無線技術により、ほぼリアルタイムで地上の災害対策本部や災害現場へ転送した。このデータを、エプソンのワイヤレスミラーリングアダプターから、MOVERIOへ再転送する。これにより、MOVERIOを着用した災害現場の救助隊員たちは、目の前の状況とMOVERIOに表示される上空からの映像を同時に見ることができ、現場でより正確な判断を迅速に下すことが可能になる。今回の実験では、このシステムが計画どおり情報伝達できることを実証したものとなる。

さらに無人機の遠隔操作の際にMOVERIOを活用するという新しい遠隔操作の方法も検証された。通常、専用のコントローラー端末で操作するため、視線を都度、無人機から外してコントローラー画面に移さなければならないという課題があった。しかしMOVERIOを装着すれば、自分の視野の中に半透明のコントローラー画面が投映されるため、絶えず上空の無人機の位置を目視で確認しながら専用コントローラーを操作することが可能になる。新しい遠隔操作方法を体験した無人機操作者からは「操作中に航空機を見失うことがなくなる」といった感想もあがったという。

今後、両者はさらに実験や開発を重ねることによって、将来的な実用を目指していく方向としている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク