ドライバー配置やバスチューブを改良

ロジクール、Ultimate Earsの最上位イヤホン「UE900s」 - UE900の改良モデル

ファイル・ウェブ編集部
2014年04月24日
(株)ロジクールは、Ultimate Earsの最上位イヤホン「UE900s」を5月9日より発売する。価格はオープンだが、直販サイト価格は37,000円(税抜)となる。

UE900s

「UE900s」は、「UE900」の継機モデル(関連ニュース)となる。UE900から、ドライバーの配置とバスチューブを改善し、より力強い低音域とバランスの取れたサウンドを実現したとのこと。そのほか、イヤーチップやキャリングケースなどの同梱アクセサリーにも改良を加えている。

UE900sは4基のBAドライバーを搭載。構成は低域×2、ミッドレンジ×1、トゥイーター×1の構成で、クロスオーバー付き3ウェイ・モデルとなる。デザインなどはUE900を踏襲している。

ケーブルは着脱式で、通常ケーブルとマイク/マルチファンクションボタン付きケーブル(各132cm)を同梱。それぞれ編組ケーブルが採用されている。イヤーピースは、シリコンイヤータイプをXXXS、XXS、XS、S、M、Lの6サイズ、形状記憶フォームタイプをS、M、Lの3種類同梱している。キャリングケース、ポーチも付属する。

感度は101dB SPL/mW、周波数特性は20Hz〜20kHz、インピーダンスは30Ω、遮音性は26dBと、スペック面はUE900と変更はない。

質量は通常ケーブル装着時で16g、マイク/マルチファンクションボタン付きケーブル装着時で18g。マイク/マルチファンクションボタン付きケーブル装着時については、UE900より1g軽量化されている。
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドULTIMATE EARS
  • 型番UE900s
  • 発売日5月9日
  • 価格直販サイト価格39,000円(税抜)
【SPEC】●ドライバー:バランスドアーマチュアクアッドドライバー ●入力感度:101dB SPL/mW ●周波数特性:20Hz〜20kHz ●インピーダンス:30Ω ●プラグ:3.5mmステレオミニ ●ケーブル長:132cm ●質量:18g(マイク・マルチファンクションボタン付きケーブル装着時)、16g(オーディオケーブル装着時)

関連記事