ストレスレスチェア×4Kシアター

秋の夜長をストレスレスチェアで愉しむ!4Kシアター視聴会開催

ホームシアターファイル編集部
2013年09月27日
4K時代に相応しい椅子=ストレスレス(R)チェアを体感できる!

今年は4K元年と言われている。大画面テレビの4K化が急速に進み、プロジェクターも4K化が著しい。実はディスプレイが4K化すると、室内の視聴覚環境も大きく変化する。特に大きく変わらざるを得ないのが視聴位置である。

4K映像にマッチする視聴位置は、ディスプレイの高さ(H)×1.5が推奨されている。ハイビジョン映像が3H(ディスプレイの高さ)と言われていたから、実にその半分となる。例えば120インチのスクリーンの場合、高さは約150cmだから視聴距離は約225cmとなる。かなりスクリーンに近づくことがわかるだろう。

『ホームシアターファイル』vol.70で「4K時代のベストシーティング」という記事を掲載したが、4K時代には、その視聴スタイルに相応しい椅子選びが重要となってくる(関連記事)。

『ホームシアターファイル』編集部が検証した結果、4K時代に相応しい椅子の条件をすべてクリアしているのがエコーネス社のストレスレス(R)チェアであることがわかった。

エコーネス社のストレスレスチェア。ホームシアターづくりのプロが選ぶ「ホームシアターグランプリ」の椅子・ソファ部門で3年連続金賞受賞

同記事によると、ストレスレス(R)チェアは、もともとホームシアターに相応しい椅子として知られていたが、4K時代にも相応しい椅子ということが明らかになったとのこと。

この記事を受けて、この秋、『ホームシアターファイル』誌主催で「ストレスレス(R)チェア×4Kシアター〜4Kシアター視聴体験会」を開催する。開催日は10月18日(金)と10月25日(金)。時間は両日とも19時30分〜21時。場所は、東京・京橋のストレスレス(R)ショールーム東京。

当日は120インチの大スクリーンに4Kプロジェクターの映像を投影、ストレスレス(R)チェアに身をゆだねていただき、4Kシアターを体感していただく。4KプロジェクターはソニーのVPL-VW1000ES、スクリーンは4K映像向けに新たに開発されたオーエスのピュアマットIII。さらに、7.1chのサラウンドサウンドも用意。

ソニーの4KプロジェクターVPL-VW1000ESに、4K向けに開発されたオーエスのスクリーン、ピュアマットIIIという組み合わせ

『ホームシアターファイル』誌で検証した理論を実際に座ることによって、その快適さ、4K時代に相応しい椅子であることを体感してほしい。

実施概要は以下のとおり。皆様の積極的なご応募をお待ちしています!

【4Kシアター視聴体験会〜実施概要】
●実施日時:10月18日(金)、10月25日(金) 各日とも19時30分〜21時
●場所:ストレスレス(R)ショールーム東京(下記の地図参照)
〒104-0031 東京都中央区京橋3-7-5 京橋スクエア5階
●定員:各日20名(先着順)
●応募方法:メールアドレスhometheater@ongen.co.jp宛に「4Kシアター視聴体験会」というタイトルで、【1】ご氏名、【2】ご参加希望日、【3】ご参加人数を明記してお送りください。
担当者よりお返事を差し上げます。

会場へのアクセス

関連リンク

関連記事