3連休は池袋サンシャインシティへ

『映画館のある家フェア2013』現地レポート ― 専用室もリビングシアターも4Kも3Dも

ファイル・ウェブ編集部
2013年09月14日
アバックと音元出版の共催によるホームシアターイベント『映画館のある家フェア2013』が池袋サンシャインシティで開幕した。会期は本日9月14日(土)から16日(月・祝)まで。入場は無料。

●開催日時:9月14日(土)〜16日(月) 10時〜18時
●開催場所:池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル5F コンファレンスルームROOM10〜15

■専用室もリビングシアターも4Kも3Dも

別項でお伝えしたように、会場には「6畳間で100インチ!」「リビングダイニングシアター」「3Dシアター体験ルーム」「最新シアター体験ルーム」「JVC・4Kシアター体験ルーム」と、コンセプトの異なる5つの部屋を展開。

会場配置図

イベントスケジュール

「6畳間で100インチ!」ルームは、その名のとおり6畳という、シアタールームとして活用するには狭いように思えるスペースでも大画面シアターを実現できることを示す部屋。ソニーのプロジェクター「VPL-VW50ES」とECLIPSEのスピーカー「TD307-II」を中心としたシステムでデモを行っている。

実際に6畳分のスペースでマルチch/100インチでのシアターを構築

アンプにはヤマハ「RX-S600」を私用

「リビングダイニングシアター」ルームは、リビングダイニングをホームシアタースペースとしても活用する場合を想定。、一般的な住宅であっても、120インチの大スクリーン+7.1chサラウンドシステムという本格的なシステムを構築可能であることを実際に体感できる。

リビングダイニング空間を再現し来場者が具体的なイメージを持ちやすいよう配慮

リビングダイニングシアターの主なシステム

「3Dシアター体験ルーム」では三菱電機の3Dプロジェクター「LVP-HC7800D」とオンキヨーの最新AVアンプ「TX-NR929」との組み合わせを中心としたシステムで3Dデモを味わえるというもの。

LVP-HC7800D

3Dシアタールームのシステム

パイオニアの最新AVアンプ「SC-LX87」を国内で一番最初に体験できるのが「最新シアター体験ルーム」。スピーカー「S-3EX」とJVCのプロジェクター「DLA-X95R」を組み合わせてのデモを行っている。

「SC-LX87」が国内初お披露目

スピーカ0にはS-3EX、プロジェクターにはDLA-X95Rを使用

「4Kシアター体験ルーム」では、JVC「DLA-X75R」と「DLA-X55R」という2台のプロジェクターを用意。4Kと2Kの比較視聴に加え、グレードによる違いや使いこなしを体感できる。

2つのスクリーンで同時上映を行い比較試聴

4Kと2Kモデルの比較が可能

また、ホームシアター編集部のナビゲートによる特別イベント「ホームシアター体感ツアー」も実施。

編集部としては1,000件以上、個人でも350件以上のホームシアター物件を取材してきた同編集部がシアタールーム構築や機器選別のポイントを指南するというもので、事前予約制だったが当日は急遽座席を増やして飛び込み参加にも対応。自分に合った最適なシアタールームを構築するためにはどんな手順を踏めばよいのかなどのセミナーを行うとともに、前述の5つのシアタールームを解説付きで巡った。

数々の取材を通して得てきたホームシアター作りのノウハウを伝授

セミナーに続き各シアタールームを実際に体験

『映画館のある家フェア2013』は上述のように3連休の最終日である9月16日(月・祝)まで開催される。「ホームシアター体感ツアー」以外は事前申し込みなどは不要だ。

そのほかアバックによる製品展示/販売スペースも

関連記事