タイムシフトマシンも進化。兄弟機のJ8も

東芝、直下型LED搭載の “プレミアム2K” REGZA「Z8」シリーズ

山本 敦
2013年09月25日
(株)東芝は、薄型テレビ“REGZA”の新商品として、直下型LEDバックライト採用のフルHDパネルを搭載した「Z8」シリーズと「J8」シリーズを発表。11月上旬から販売を開始する。

東芝“REGZA”Z8シリーズ

東芝“REGZA”J8シリーズ

両シリーズともに画面サイズは55型/47型/42型の3種類。開口率を高めたIPS方式のフルHD液晶パネルと、直下型広色域LEDバックライトで構成される「ダイレクトピュアカラーパネル」を搭載した。価格は以下の通り。

Z8シリーズ
55Z8 ¥OPEN(予想実売価格26万円前後)
47Z8 ¥OPEN(予想実売価格21万円前後)
42Z8 ¥OPEN(予想実売価格16万円前後)

55Z8

47Z8

42Z8

J8シリーズ
55J8 ¥OPEN(予想実売価格22万円前後)
47J8 ¥OPEN(予想実売価格17万円前後)
42J8 ¥OPEN(予想実売価格12万円前後)

55J8

47J8

42J8

REGZAシリーズの最高峰モデルに付けられる「Z」の文字。この夏に発売されたZ8Xシリーズは4Kモデルだが、今回のZ8シリーズは、“プレミアム2K”を謳う、フルHD解像度のハイエンドモデル。「最強の画質・最強の音・最新のスタイリッシュデザインを追求した」(同社)だけでなく、機能面でも全録機能「タイムシフトマシン」を強化するなどした。

東芝はZ8/J8シリーズを、REGZAフルHDモデルの集大成と位置づけている

Z8シリーズとJ8シリーズの主な違いは、Z8シリーズがパッシブ3Dに対応しているのに対し、J8シリーズは非対応。またローカルディミングはZ8が対応、J8が非対応となる。さらにバックライトスキャニングによる動画ボケ低減もZ8シリーズのみの対応だ。さらに機能面についても、タイムシフトマシン機能はZ8シリーズのみ利用できる。

自社開発の直下型広色域LEDバックライトを搭載

Z8/J8シリーズともに液晶パネルはIPSで、直下型広色域LEDバックライトを搭載した「ダイレクトピュアカラーパネル」を採用。LEDバックライトは自社開発のものを搭載している。

自社開発の直下型LEDバックライトと高開口率パネルにより、高輝度と広色域を実現

自社開発のLEDにより「広色域復元」と「ハイダイナミックレンジ復元」が可能になった

映像エンジンは、Z8シリーズがデュアルコアのプロセッサーを2基搭載する「レグザエンジン CEVO Duo」。J8シリーズはシングルコアの「レグザエンジンCEVO」となる。

映像エンジンと新パネルによる相乗効果により、力強い光のパワー活かしたコントラスト感とリアリティ豊かな映像と、自然かつ鮮やかな色彩再現を特徴とする。前機種の「Z7」と比較して、パネルの輝度スペックが400nit(ニット)から700nitに高められ、有効画素の面積を拡大し透過率も向上している。画面輝度は前機種比で75%アップした。Z8シリーズはこれにローカルディミング(エリア駆動)機能を加え、さらに高いコントラスト表現力を獲得。メリハリのある映像を再現できる。なおJ8シリーズはローカルディミングに非対応。また、LEDバックライトの数や、ローカルディミングのエリア分割数はともに非公表となる。

データベースを使用する広色域復元

LEDバックライトの広色域化も図り、表示できる色領域を広げた。前機種比で色域は14%アップ。色域の標準規格である「BT.709」のカバー率は98%を実現し、特に赤色と青色の再現能力を高めた。

「ただ単に色域を広げるだけでは不自然な色になってしまい意味がない」(同社)という考えから、BT.709の色域に圧縮された映像の色を復元し、映像本来の鮮やかな色を再現する「広色域復元」技術を採用した。物体に光が当たり反射した色と、自ら発光する物体では色が異なることから、データベースを参照して色域を広げる。

入力された映像は、物体色の限界を考慮した6144項目の広色域復元データベースを参照しながら、高精度な色空間処理を行い、色彩をナチュラルに復元する。なお色域設定は、映像メニューからオート/x.v.Color/色域復元/標準(BT.709)の4種類が選択できる。

REGZAシリーズの商品企画を担当する(株)東芝 デジタルプロダクツ&サービス社の本村裕史氏は、広色域復元技術の効果を以下のように説明する。

「むやみに色域を広げれば良いのではなく、反射光により表現される色と、自発光物体の色では色域の広さが異なっている。自発光していない物体の色域には制限があるが、自発光している物体は色域が伸びている。それらを分けてカラーマネージメントをしないとギミックな雰囲気の色表現になってしまう。新しいREGZAではそこをしっかりと踏まえた上で、カラーマネージメントを作り込んできた」。

また「ハイダイナミックレンジ復元」技術も新搭載。カメラではセンサーの限界から、撮影時に“白つぶれ”を防ぐため、高輝度領域を圧縮処理するが、その圧縮された映像から、高輝度領域の伸びを復元するというものだ。白く輝く部分が、より立体的に描画される。

高輝度LEDバックライトを用いることで、白色の“つぶれ”を抑制。パネルスペックとして700nitの輝度性能を備えているため、明るい白色領域の映像部分も飽和させることなく、階調性を保ったままで、輝き感を持つ映像が表現できるようになる。「ハイダイナミックレンジ復元」のON/OFFは映像設定から選択できる。

「ハイダイナミックレンジ復元」はオン/オフ設定が可能

さらにZ8シリーズでは、光の拡散が抑えられる直下型LEDのメリットを活かし、高速スキャニングによって動画応答性能を高める「ダイレクトモーション」技術を搭載。Z8シリーズでは「ダイレクトモーション480」という名称で訴求する。

「おまかせオートピクチャー」搭載、コンテンツモードも細分化

自動画質調整機能は従来の「おまかせドンピシャ高画質」から、名称を「おまかせオートピクチャー」に変更。ホワイトバランスやバックライトを大きな画面サイズに合わせてそれぞれ調整したほか、カラーマネージメントを高精度化。肌色などの中間色表現が正確さを増している。

映像のコンテンツモードは前機種のZ7よりもさらに細分化を図った。映像メニュー「ゲーム」以外のHDMI入力時には、オート/ビデオ/シネマ/アニメ/サッカー・ゴルフ/写真の、6種類のコンテンツモードが選択できるが、

さらにビデオ/シネマ/アニメの各モードについてては、「4KマスターBD」(アニメ選択時はハイビットBD)「BD」「放送」「ネット動画」の4つのサブメニューを選択可能になった。それぞれノイズリダクションと超解像効果が最適化されており、ノイズリダクション処理は4KマスターBDでは行わず、ネット動画では強めに設定されている。なお「ハイビットBD」モードは、Y/Cb/Cr 各色10〜12ビットで記録する、パナソニックの「MGVC」(マスターグレードビデオコーディング)で収録したアニメコンテンツに対応するモード。

コンテンツモード「シネマ」はサブカテゴリーとして4KマスターBDなどを追加

同じく「アニメ」にはMGVCに対応した「ハイビットBD」モードを用意した

なお超解像技術は、Z7シリーズと同じ「複数フレーム超解像」に、「再構成型超解像」「色超解像」「自己合同性型超解像」「カラーテクスチャー復元」を組み合わせた「レゾリューションプラス7」を採用する。

ゲームモードでは画像処理の遅延時間短縮を徹底。Z8シリーズは1080p映像の場合で約0.7フレーム(約12ms)の低遅延を実現して、アクションゲームなども快適に楽しめる。補間映像を前後2枚の映像から生成することで、動きの速いアクションゲームもなめらかな映像で楽しめる「ゲームスムーズ」モードも前機種から踏襲する。

■スピーカーやイコライザー改良で高音質化

薄型大画面テレビの音質を高めるため、Z8/J8シリーズには新開発のスピーカーユニットとイコライザーシステムが搭載された。「テレビの設置性やデザインを高めるためには、内蔵スピーカーをフレームの下向きにレイアウトすることは不可避。それでもなお“テレビの音”を良くするために、東芝が持てる技術を全て投入して“最強の音質”を実現した」と本村氏は語る。

ユニットを刷新した2基のスピーカーを内蔵。折曲がった迷路のような形状の「ラビリンスバスレフ」ダクトをスピーカーの背面に設け、固く引き締まったサウンドを実現。低域は共振周波数を低下させ、量感を高めた。能率と耐入力も合わせて改善したことで、少ないパワーで大きな音が出せるようになった。従来機では10W×2だったアンプの出力を、新製品では15W×2としたことで、最大音圧は約2倍に高まっている。

ポートをラビリンス状に拡大し、パワフルで明瞭な低音を再現する

ラビリンスバスレフ型のスピーカーボックス

スピーカーとアンプだけでなく、Z7シリーズから搭載された音場補正技術が強化され、「レグザサウンドイコライザープロ」として搭載された。従来のイコライザーでは20Hzから24kHzの帯域を448分割し、補正していたが、低域の分解能が50Hz刻みになっていたため、200Hzや100Hzといった低域ではピークディップが残ってしまっていた。新モデルでは、4kHz以下の帯域について、74バンド構成だった前機種と比べ約6.7倍の精度になる501バンドに拡大。これによって8Hz以下の分解能となり、より緻密な補正を行ってフラットな低音域へ補正することが可能になった。内蔵スピーカーの能率の高さもあり、人の声の再現などの厚みが増しているという。また全帯域で、よりフラットな再現を可能にしている。

低域の分解精度を高めた「レグザサウンドイコライザープロ」

タイムシフトマシン録画が「プラス1」に進化

Z8シリーズはスマートなテレビの視聴スタイルを実現する、「ざんまいプレイ」の便利な視聴機能を含む「タイムシフトマシン録画」を搭載したほか、レグザ向けのクラウドサービス「Time On」にも対応する。J8シリーズでも「Time On」サービスが利用できる。

Z8シリーズに搭載されたタイムシフトマシン録画機能は、Z7シリーズで実現した「地デジ×6チャンネル」のタイムシフトマシン録画に加え、BS/CSの番組1チャンネル分を外付けUSB-HDDに“全録”できる「タイムシフトプラス1」に対応した。

「タイムシフトプラス1」によりBS/CSデジタルの常時録画が可能になった

「タイムシフトプラス1」で録画した番組は、「ざんまいプレイ」により番組のジャンル一覧リストが表示される

テレビ本体に地上デジタルチューナーを9基、BS・110度CSチューナーを2基搭載している点はZ7シリーズと同じだが、Z8シリーズでは「地デジ×6チャンネル+BS/CS×1チャンネル」、または「地デジ×7チャンネル」を最大数としたタイムシフトマシン録画が行える。

背面にはタイムシフトマシン専用の「USB A」「USB B」端子のほか、通常録画用に「USB C」端子と、合計3つのUSB端子が搭載されている。このうちUSB A/Bを「地デジ×6チャンネル」のタイムシフトマシン録画用に割り当て、残ったUSB C端子に、別売のUSBハブを介して「タイムシフトプラス1」対応のUSB-HDDを接続する。

「タイムシフトプラス1」ではBS/110度CSデジタル放送を約11日分(約274時間)、または地上デジタル放送を約16日分(約388時間)全録することができる。なお録画モードはDRモードに固定される。「タイムシフトプラス1」対応のUSB-HDDには、24時間駆動に対応するI-O DATA製のHDDが推奨されている。

「タイムシフトプラス1」は、通常のタイムシフトマシンと別に録画設定が行える。メニューから「指定時間」を選ぶと、「地デジ×6チャンネル」の通常のタイムシフトマシンの録画時間で指定した時間帯を録画する。メニューで「24時間」を選べば、「タイムシフトプラス1」で指定したチャンネルを24時間続けて全録する。例えば映画や海外ドラマ専門のチャンネルを連続録画しておきたい場合などに有効だ。

「タイムシフトプラス1」の設定画面

「タイムシフトプラス1」の録画時間は、通常のタイムシフトマシンと同じ設定、もしくは24時間常時録画の2種類から選択できる

なお「タイムシフトプラス1」は通常録画用のチューナーを使用するため、使用時は通常録画用のチューナーが1基ぶん使えなくなる。タイムシフトプラス1に地上デジタルを指定している場合は、3つの通常視聴・録画チューナーのうち1基がタイムシフトマシン録画に使われ「地デジ見ながらW録」は使用できない。またBS/CSデジタルのチャンネルを指定している場合には、通常録画に使えるBS/CSデジタル用チューナーは1基だけになる。

また通常録画側ではトランスコーダー内蔵USB-HDDを使って長時間録画も行えるが、「タイムシフトプラス1」を設定するとこの機能は使えなくなる。

「タイムシフトプラス1」で指定したチャンネルを含めて、全てのタイムシフトマシン録画コンテンツで「ざんまいプレイ」が利用できる。さらに「タイムシフトプラス1」で指定したチャンネルは、「ざんまいプレイプラス1」専用メニューから、より細分化されたジャンル検索などが可能。「ざんまい選択」の上位ジャンルカテゴリに登録されているスポーツ/エンターテイメント/ライブ/映画/アニメ/音楽/ドキュメンタリ・教養から、例えば「映画」を選ぶと、さらに細かく洋画/邦画/アニメなどのサブジャンルが表示され、タイムシフトマシン録画でキャッシュされた大量の番組の中から、見たい番組を効率よく探し出すことができる。

「ざんまいプレイ プラス1」から「ざんまい選択」メニューを選んだところ

「ざんまいプレイ」のコンテンツリスト画面では、通常のタイムシフトマシンとタイムシフトプラス1の録画番組が混在して表示される

なお、メイン画面に現在視聴中の番組を表示しながら、右側に関連するタイムシフトマシン録画番組をレコメンドコンテンツとして小画面表示する、「ほかにもこんな番組」でも同じ検索機能が使える。もちろん「タイムシフトプラス1」で指定したチャンネルを「週間過去番組表」で一覧表示しながら探すことも可能だ。

スマホを使った音声での番組検索に対応

タイムシフトマシン録画された番組などを対象に、音声入力によるリモート操作が可能になった。11月上旬からGoogle Playで無償配布を予定しているAndroidアプリ「RZボイスリモ」を、Android 4.0以上のスマートフォン/タブレットにインストール。すると、モバイル端末からのボイスコマンド入力が可能になる。

Android向けのアプリで音声操作が可能になる

Androidアプリ「RZボイスリモ」の画面

番組の音声検索は「番組名」「ジャンル名」「キーワード」に対応。例えば「あまちゃんが見たい」「サッカーを見たい」「福山雅治を見たい」というふうにスマホ・タブレットに話しかけると、「ざんまいプレイ」を中心に録画番組をピックアップしてくれる。

さらに「放送日」や「やりたいこと」「検索対象」も組み合わせることができる。例えば「今日のあまちゃんが見たい」「日曜日のドラマが見たい」といった言葉や、「サッカーを検索」「あまちゃんを録画」といった具合に、録画/予約/検索/録画リスト表示の操作が声で行える。またYouTubeで関連するコンテンツを検索することもできる。

なお音声認識機能はアプリとクラウドで行うため、アップデートによる機能向上が実現しやすいこともメリット。Androidアプリはテレビの発売時期に合わせてリリースされるが、iOSアプリについては開発を検討中だという。また、既存のZ8Xシリーズなどを「RZボイスリモ」へ対応させることも「検討中」(同社)とのことだ。

クラウドサービス「Time On」はZ7シリーズと同様。Z8/J8シリーズのリモコンには「シーン検索」ボタンが独立して搭載されたため、「気になるシーンリスト」や「みどころシーン再生」の機能に素速くアクセスできる。

他にも9月2日から始まったNHKの新サービス「ハイブリッドキャスト」や、東芝スマート家電との連携機能「家電コンシェルジュ」サービスにも対応した。スマートフォンとの連携ではZ8/J8シリーズともにMHLをサポートする。

デザインにもこだわり、直下型ながらスリムな本体

Z8/J8シリーズとも、スタンドにリアルメタルを採用。Z8は輝きを持たせたクローム仕上げ、J8はサンドブラストテイストの仕上げとした。本体フレームのカラーリングは、Z8がツートンブラックでトップ側が光沢、アンダー側はスタンドが映り込まないようにマット仕上げとした。J8はシルバーフレーム。

Z8/J8シリーズのリモコン

Z8シリーズのスタンドはクローム仕上げ

スヌーズ機能とも連動する「アートクロック」は3種類の壁紙イメージを用意。テレビのインテリア性も高める新機能として採用されている。

直下型LEDバックライトを搭載しながら、本体の奥行きサイズはスリムに抑えた。例えば55型の「55Z8」は奥行きが49mmを実現している。またパネル部分は横幅サイズが124.1cmと、同社の2003年製42型薄型テレビ「42P4000」とほぼ同じ設置スペースで55型テレビが置けることになる。

テレビがもたらす“感動”の原点に回帰する

本村氏によれば、東芝では4K REGZAを含む50型以上のテレビ製品が好調だという。「薄型テレビでは近年、スマートや3Dなどの機能がクローズアップされることも多かったが、REGZAでは改めてお客様が求めているものを追求し、テレビの基本とも言える“大画面と高画質”を原点として捉えた。映像を見て感動していただくことが、私たちテレビをつくるものの使命だと考えている。4K対応のZ8Xシリーズも含めて、今回発表したZ8/J8シリーズとともに、REGZAは大画面で高画質な映像を楽しむという、テレビの原点的な価値を回帰しながら魅力を訴求したい」と語る。

(株)東芝 デジタルプロダクツ&サービス社の本村裕史氏

また、特にZ8シリーズについては「フルHDパネルのREGZA Zシリーズにおける“史上最強”のモデルをつくりあげたという自負がある。高品位な映像と音だけでなく、いまや多くのユーザーに支持を頂いているタイムシフトマシンも便利に使っていただけるものと思う。デザインも含めて全てがプレミアムな新シリーズの実力を多くの方に体験して欲しい」として、完成度の高さをアピールした。

【問い合わせ先】
東芝テレビご相談センター
TEL/0120-97-9674
新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番55Z8
  • 発売日2013年11月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格260,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:55型 ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル ●端子:HDMI入力×4、映像入力×1、音声入力(L/R)×1、光デジタル音声出力×1、LAN×1、USB×4、ヘッドホン×1 ●消費電力:277W(待機時0.15W) ●外形寸法:1241W×758H×190Dmm(スタンド含む) ●質量:17kg(スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番47Z8
  • 発売日2013年11月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格210,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:47型 ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル ●端子:HDMI入力×4、映像入力×1、音声入力(L/R)×1、光デジタル音声出力×1、LAN×1、USB×4、ヘッドホン×1 ●消費電力:208W(待機時0.15W) ●外形寸法:1071W×662H×190Dmm(スタンド含む) ●質量:13.5kg(スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番42Z8
  • 発売日2013年11月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格160,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:42型 ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル ●端子:HDMI入力×4、映像入力×1、音声入力(L/R)×1、光デジタル音声出力×1、LAN×1、USB×4、ヘッドホン×1 ●消費電力:198W(待機時0.15W) ●外形寸法:960W×599H×170Dmm(スタンド含む) ●質量:12kg(スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番55J8
  • 発売日2013年11月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格220,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:55型 ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル ●端子:HDMI入力×4、映像入力×1、音声入力(L/R)×1、光デジタル音声出力×1、LAN×1、USB×2、ヘッドホン×1 ●消費電力:238W(待機時0.15W) ●外形寸法:1241W×758H×190Dmm(スタンド含む) ●質量:16.5kg(スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番47J8
  • 発売日2013年11月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格170,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:47型 ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル ●端子:HDMI入力×4、映像入力×1、音声入力(L/R)×1、光デジタル音声出力×1、LAN×1、USB×2、ヘッドホン×1 ●消費電力:186W(待機時0.15W) ●外形寸法:1071W×662H×190Dmm(スタンド含む) ●質量:13.5kg(スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番42J8
  • 発売日2013年11月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格120,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:42型 ●チューナー:地上・BS・110度CSデジタル ●端子:HDMI入力×4、映像入力×1、音声入力(L/R)×1、光デジタル音声出力×1、LAN×1、USB×2、ヘッドホン×1 ●消費電力:181W(待機時0.15W) ●外形寸法:960W×599H×170Dmm(スタンド含む) ●質量:11.5kg(スタンド含む)

関連記事