アップデートで「オールシンク」機能を追加

PlayMemories OnlineへPC内の写真全てを自動アップロード可能に

ファイル・ウェブ編集部
2013年09月24日
ソニーは、クラウドストレージサービス「PlayMemories Online(プレイメモリーズ オンライン)」(関連ニュース)と、PC用アプリ「PlayMemories Home(プレイメモリーズ ホーム)」をアップデート。パソコン内に保存している写真をすべて自動でクラウド上にアップロードし、枚数無制限で保管できるオールシンク機能を追加した。なお、PlayMemories Homeはこれまで同社製品ユーザーのみへの提供だったが、誰でも自由にダウンロードできるようにした。

オールシンク機能は、PlayMemories Homeをインストールしたパソコンから利用可能。機能をオンにしておくと、パソコン内の写真すべてを自動でPlayMemories Onlineにアップロードして一元管理できるようにする。現在はパソコンのみの対応だが、スマートフォンやタブレットも10月下旬にアップデートで対応する予定。

ファイルのアップデートに際しては、複数の機器に同じ写真が保存されていた場合でも重複を回避。なお、一辺が1,920ピクセルを超える写真は、長辺が1,920ピクセルにリサイズされてアップロードされる。また、アップロードされた写真は自分以外に公開されることはない。

なお、PlayMemories Onlineは1ユーザーあたり5GBという容量制限があるが、オールシンクでアップロードされた写真ファイルはこの制限の対象外。前述のように大きなサイズの写真はリサイズされるものの、枚数無制限でアップロードできる。

そして、オールシンクでアップロードされた写真の自動整理機能も装備。日付ごとに整理されるのはもちろん、良い写真を大きく表示したり、類似する写真を省いて表示したりといったことができる。

PlayMemories Homeアプリは、これまでソニー製のデジカメやパソコンなどを購入したユーザーにのみ提供していたが、公式ページから誰でも自由に無料ダウンロードできるようになった。対応OSはWindows 8/7(SP1)/Vista(SP2)/XP(SP3 32bit版)。

関連記事