直接接続でBDビデオ再生も可能

パイオニア、世界初のワイヤレス接続ポータブルBDドライブ

ファイル・ウェブ編集部
2013年09月17日

「BDR-WFS05J」
パイオニアは、PC用のBDドライブとして世界で初めてワイヤレス接続に対応した「BDR-WFS05J」を9月下旬に発売する。販売は(株)エスティトレードが行う。価格はオープンだが25,000円前後での販売が予想される。

対応OSはWindows 8/7/Vista/XP Home/XP Pro。後日行われるファームウェアアップデートでMacにも対応する予定。

本体と接続するドック部に高速USB仮想化技術を搭載し、PCとワイヤレスで接続できるBD/DVD/CDドライブ。ルーターを経由した接続だけでなく、PCとドライブを直接接続することも可能だ。

ワイヤレス接続技術はIEEE802.11a/b/g/nで、WEP/WPA/WPA2に対応している。

ルーター経由での接続は「ステーションモード」という名称が付けられており、IEEE802.11nの40MHz帯域幅 MIMO2×2を使用した場合は35Mbps、同20MHz帯域幅のMIMO2×2を使用した場合のビットレートは25Mbps。DVDやCDの再生に利用できる。

PCと直接接続するモードは「アクセスポイントモード」という名称で、IEEE802.11nの40MHz帯域幅 MIMO2×2を使用した場合、70Mbpsのビットレートを確保。BD(2D)の再生が可能。ただし20MHz帯域幅の場合は50Mbpsとなり、DVDまでの対応となる。

もちろんディスクへのデータ書き込みもワイヤレスで行える。ドライブの電源は専用ACアダプターを利用する。ドック部は仮想USBとして動作し、ドックの端子部にUSBメモリーや外付けHDDなどを接続し、これらに保存したコンテンツをPCやタブレットから読んだり、書き込んだりすることが可能だ。

オーディオCDの再生では「PURE READ2+」を採用。ディスク表面の汚れやキズでオーディオCDのデータが読み取れない際でも、独自のアルゴリズムによって繰り返し読み取りを行い、正確なデータ再現を行う。

そのほか、BDやDVD、CD再生時には低速回転で静音性を保ち、データをHDDに保存する際は高速回転で動作させる「アドバンスド静音ファームウェア」を搭載。バンドルソフトも豊富で、サイバーリンクの「PowerDVD10」「PowerDirector 10」「PowerProducer 5」「Power2Go 7 for PURE READ」「InstantBurn 5」「PowerBackup 2」「Medi@Show 6」「LabelPrint 2」を同梱している。

ドライブ部の外形寸法は135W×20.3H×135Dmm、質量は330g。ドック部の外形寸法は118W×35H×142Dmm、質量は200g。

【問い合わせ先】
エスティトレード
TEL/03-3206-0678

関連記事