77時間連続再生、NCイヤホンも同梱

欧ソニー、Apple Lossless/FLAC対応の新ウォークマン「E580」など発表

ファイル・ウェブ編集部
2013年07月11日
ソニーの欧州法人であるSony Europe Limitedは、ウォークマンの新モデル「NWZ-E580」「NWZ-E380」2機種を7月に発売する。E580シリーズはApple Lossless/FLACの再生に対応した。

■NWZ-E580

上位機となるE580シリーズは、メモリーが8GBのNWZ-E584と16GBのNWZ-E585の2機種を用意。ディスプレイは2インチとなる。

E580シリーズ

再生可能なオーディオフォーマットはMP3、WMA (DRM無しのみ)、リニアPCM、AAC、HE-AAC、FLAC、Apple Lossless。エントリーシリーズでありながらFLACに対応し、さらにウォークマンとして初めて、Apple Losslessの再生に公式対応した。

再生できる動画フォーマットはAVC、MPEG4、WMV 9。なお、音楽や動画、静止画などをPCから本機へ転送するのは、Windows ExplorerやiTunes ライブラリーからのドラッグ&ドロップで行える。

バッテリー充電時間は4時間で、連続再生時間は音声の場合77時間、動画の場合14時間。

高音質化機能では「ClearAudio+」モードをスイッチでオン/オフ切替することが可能。Clear Bass、Clear Stereo、Clear Phaseなどの各機能が利用できる。また圧縮音源の高域成分を復元するDSEEや、音場再現技術「VPT」(Virtualphones Technology)なども備えている。

そのほか、ノイズキャンセリングイヤホン「MDR-NC31」も同梱。騒音を最大98%低減することができる。外形寸法は42.1W×92.1H×8Dmm、質量は49g。

■NWZ-E380

レッド、ブルー、ブラックの3色を用意した下位機種。フラッシュメモリー容量4GBの「NWZ-E383」と8GBの「NWZ-E384」の2機種をラインナップしている。ディスプレイサイズは1.77インチ。

E380シリーズ

再生可能な音声フォーマットはMP3、WMA (DRM無しのみ)、AAC-LC、リニアPCMで、FLACやApple Losslessなどの再生には対応しない。また動画の再生もWMV 9のみのサポートとなる。

バッテリー充電時間は2時間で、音楽は30時間、動画は4時間の連続再生が可能。イヤホンはノイズキャンセリング機能非搭載のMDR-E804YA。

外形寸法は43.4W×87.7H×9.9Dmm、質量は52g。


関連記事