edition 10の技術を投入

ULTRASONE editionシリーズに開放型ヘッドホン第2弾「edition 12」

ファイル・ウェブ編集部
2013年04月26日
タイムロードはULTRASONEのヘッドホン「edtion 12」を7月に発売する。

限定品として販売されたULTRASONEのフラグシップヘッドホン「edition 10」に続く、editionシリーズとして2機種目の開放型ヘッドホン。価格は未定だが、edition 10よりは安価に提供されるという。

「edtion 12」

ドライバーはedition 10と同様40mmだが、ゴールドプレーテッドを採用。edtiion 10のチタンとは異なる素材を用いている。再生周波数特性は6Hz〜42kHzで、インピーダンスは40Ω。出力音圧レベルは99dB。同社の特許技術である「S-Logic Plus」や、低周波電磁波を98%低減する「ULE」技術も搭載している。

ケーブルはシルバープレーテッド仕様のハイフレックスケーブルを採用。バランス仕様への変更も可能だ。

ヘッドパッドにはエチオピアン・シープスキンレザーを採用。edition 10はイヤーパッドもエチオピアン・シープスキンレザーだったが、edition 12はmicroベロアを用いている。イヤーカップはアルミニウム製で、マットクローム仕上げが採用されている。付属品としてクリーニングクロスも用意。メーカー保証5年、代理店保証2年が付く。

【問い合わせ先】
タイムロード
TEL/03-5758-6070

関連記事