LG電子、webOSをHPから取得 − スマートTVに活用

ファイル・ウェブ編集部
2013年02月26日
韓LGエレクトロニクスは、HPの「webOS」技術を米HPから取得したと発表した。

webOSはPalmが開発した、スマートフォンやタブレットなど向けのOS。その後PalmがHPに吸収され、HPがwebOS搭載機器を発売したが、すぐに事業の終了が発表された。

LGは、HPからwebOSのソースコードやwebOS技術に精通したエンジニア、ウェブサイトなどを取得した。また、webOS関連の知的財産について、Palmが開発したOSの基盤の部分やユーザーインターフェース技術を含め、ライセンス提供を受けることでも合意した。

LG電子のCTOであるSkott Ahn氏は、「世界のイノベーションの温床となっているシリコンバレーの研究や才能に投資することで、LG電子のコンシューマー機器で、より直感的なユーザー体験やインターネットサービスを提供できるようになる」とコメント。「webOSの開発チームとLGを統合したチームは、LGのシリコンバレーにおける研究開発の中心になる」と述べている。

関連記事