スマホのアプリをカーオーディオの液晶で楽しめる

パイオニア、iPhone 5対応/スマホアプリを操作できる車載用ユニット

ファイル・ウェブ編集部
2013年02月07日
パイオニア(株)は、スマートフォンの操作を車載機側からタッチコントロールできる「Linkwithモード」を搭載した車載用ユニット2機種を3月上旬に発売する。7V型ワイドVGA液晶を備えており、Bluetooth機能に対応。ベースモデルの「SPH-DA05II」と、地上デジタル放送やDVD/CDも楽しめる「SPH-DA09II」をラインナップする。価格はオープンだが、SPH-DA05IIが4万円前後、SPH-DA09IIが6万円前後での実売が予想される。

SPH-DA09II

SPH-DA05II

「Linkwithモード」対応アプリをインストールしたスマートフォン内のアプリを操作して楽しめる車載用ユニットで、2点マルチタッチに対応する。また、「スマートフォン コントロールモード」も搭載しており、「Linkwithモード」に対応していないスマホ内のアプリも車内で楽しむことができる。

対応するスマートフォンは、ソフトバンク/KDDIが取り扱うiPhoneとドコモが取り扱うAndroidスマートフォン。なお、2月発売予定のHDMIケーブル「CD-HM020」とUSB接続ケーブル「CD-U220」およびアップル社製「Lightning - USBケーブル」「Lightning Digital AVアダプタ」を使用すれば、新たにiPhone 5でも上述の「Linkwithモード」「スマートフォン コントロールモード」が使用できるようになる。

本機に対応する専用のカーナビアプリケーションを使用することで、カロッツェリア カーナビゲーションシステムと同等のカーナビ機能に対応する。「車載用GPSレシーバー」「クリスタル3Dハイブリッドセンサー」「車速センサー」も搭載する。また、スマートフォンの通信機能を使って、最新の地図データや「スマートループ渋滞情報」の取得が可能。

【問い合わせ先】
パイオニア カスタマーセンター
TEL/0120-944-111

関連記事