進化した音質チューニングを採用

izo、独立電源のフラグシップヘッドホンアンプ「iHA-32-2013」

ファイル・ウェブ編集部
2012年12月12日
(株)izoは、最新チューニング「System13」を採用したフラグシップヘッドホンアンプ「iHA-32-2013」を12月20日に発売する。直販サイト価格は149,800円(税込)。

「iHA-32-2013」。上がアンプ部、下が電源部

仕上げの高級感にもこだわった

izoとzionoteが協力してチューニング技術「System13」として完成させ、搭載した。ヘッドホンアンプ部と電源ユニット部を別筐体とした構成で、それぞれ既存モデルから進化させた。

ヘッドホンアンプ部はデュアルモノ&フルバランス処理で、バランスでもアンバランスでも、入力信号は内部でデュアルモノ&フルバランス処理する。

2台のヘッドホンを同時に出力することが可能。それぞれ独立してロー/ハイのゲイン設定が行える。

対応ヘッドホンはインピーダンスは8Ω〜1kΩ。ヘッドホン出力はXLR/TRSコンボ端子。RCA出力端子も備える。


背面部
またiTCP(アイジオ・トーンコントロール・プロセッサー)を搭載。ヘッドホンの特性や好みの音質にあわせ、音質劣化などがない調整が行えるという。

ボリューム回路にはALPS社の高品位な「RK27114」を採用。ギャングエラーやノイズなどを抑える。

専用の電源ユニットも進化し、「iPSU-1-2013」として採用した。「iTRST(izo True Rail voltage Source Technology)」によって、アナログ入力部やアンプ部、アナログ出力部まで全回路にiPSU-1を通した電源を使用できる。また電源のON/OFF時に発生するポップノイズを遮断する「ZERO POP II」も搭載している。

入力端子にはRCA入力2系統、XLR入力を1系統搭載。外形寸法と質量は、ヘッドホンアンプ部が147W×43H×180Dmm/0.94kg、電源部がW×43H×180Dmm/01.34kg。

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドIZO
  • 型番iHA-32-2013
  • 発売日2012年12月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格149,800円前後)
【SPEC】●S/N比:118dB以上(JISA、入力ショート、定格出力時)
全高調波歪率 THD+N 0.005( 20〜20kHz、100mW出力時、32Ω負荷)対応ヘッドフォン インピーダンスが8Ω 〜 1kΩのもの ●入力端子: XLR入力(XLRメス、バランス、HOTピン:2番) x1、RCA入力(アンバランス) x2 ●出力端子:ヘッドフォン出力 XLR/TRSコンボ端子 x2 / (XLR出力(バランス) x1)、RCA出力(アンバランス) x1 ●消費電力:最大24W(iPSU-1-2013)、スタンバイ時 1W ●外形寸法:147W×43H×180Dmm(iHA-32-2013本体)、147W×43H×180Dmm(iPSU-1-2013本体) ●質量:0.94kg(iHA-32本体)、1.34kg(iPSU-1本体)

関連記事