レグザZ7/J7など対応テレビの連携操作が可能

東芝、Androidタブレット対応アプリ「RZ番組ナビ」を公開 ー 番組情報検索や予約録画に対応

ファイル・ウェブ編集部
2012年11月10日
東芝は「レグザAppsコネクト」のサービスに対応するAndroidアプリ「RZ番組ナビ for Android Tablet」を11月9日に公開した。

アプリはGoogle Playストアから無料でダウンロードして利用できる(アプリ紹介のページ)。


REGZA Z7シリーズ発表会で公開された「RZ番組ナビ for Android Tablet」の試作画面
本アプリが利用できるAndroidタブレットは、Android OS 3.1以上の端末。端末ごとに画面サイズが異なるため、REGZA Tablet以外の端末では画面表示が正しく行われない場合がある。

また本アプリ以外に無料のデータベースソフト「RZ Apps DB(Ver.1.1.1以降)」を事前にインストールしておく必要がある。


デジタル放送の番組表表示に対応
「RZ番組ナビ」のアプリでは、地上/BS/110度CSデジタル、スカパー!のテレビ番組表を約一週間分タブレット上に表示しながら、タッチ操作で番組の詳細情報を参照しながら、出演者情報やWebサイト上の情報にアクセスして様々な関連情報を検索して楽しめる。

なお地上デジタルと一部のBSデジタルの番組出演者情報のみ出演者の検索が可能。またスカパー!番組表はアプリ上での表示と検索のみに対応する。出演者プロフィールについては「Yahoo!検索(人物)」から検索を行う仕組みとなる。

番組詳細のページ

またTUSTAYA TVやU-NEXTのVODサービスをサポートしており、VODコンテンツの検索やテレビ番組、出演者との横断検索や対応機器との連携操作によるVODコンテンツの再生が行える。

さらに対応機器の予約リスト管理や、全国ユーザーの予約データを集約した「予約ランキング」からの録画予約にも対応した。番組の放送前に、全国のユーザーが録画予約をしている人気番組をジャンルごとにチェックして予約を入れるといった使い方も可能だ。

予約リスト管理の画面

東芝<レグザ>シリーズの対応機種との組み合わせでは、チャンネル切替えや録画予約操作が行えるようになる。対応機種はレグザのZ7/J7、X3/XS5、ZP3/Z3/ZT3、ZG2/Z2/ZP2、G5、HB2、RB2、X2/XE2の各シリーズ、およびレグザサーバー「DBR-M190/M180」。なおZ7/J7シリーズは本体のバージョンアップが必要になる。


関連記事