2013年内の量産技術確立を目指す

パナソニックとソニー、テレビ向け有機ELパネルを共同開発

ファイル・ウェブ編集部
2012年06月25日
ソニー(株)とパナソニック(株)は本日、テレビ/大型ディスプレイ向けの次世代有機ELパネルとモジュールの共同開発を行う契約を締結した。両社の技術を持ち寄ることで開発効率を高め、2013年内の量産技術の確立を目指す。

パナソニックがこれまで開発に注力してきた、印刷で有機EL素子を形成する、次世代の有機ELパネルを共同で開発する。パナソニックは、印刷技術の中でも先端を行く、オール印刷方式のパネル技術開発で先行。同方式で生産するための、独自の設備技術と生産技術を持っている。

一方のソニーは、蒸着方式を用いた有機ELディスプレイの量産を行ったノウハウを持っている。2007年に発売した11型の「XEL-1」は同技術を採用したもの。最近では蒸着と印刷を組み合わせたハイブリッド有機EL素子のデバイスやプロセス技術などを開発するなど、次世代の有機EL技術の研究開発にも積極的に取り組んでいるという。

両社は今後、次世代の有機ELパネルとモジュールの共同開発と並行し、量産化段階での協業の可能性も検討。その後、「高性能で競争力のある次世代の有機ELテレビおよび大型ディスプレイの開発・商品化にも取り組む」としている。

関連記事