NTTドコモ、「Galaxy S III」を6月28日に発売

ファイル・ウェブ編集部
2012年06月21日
NTTドコモは、スマートフォン“Galaxy S III"「SC-06D」を6月28日に発売すると発表した。

「Galaxy S III」はサムスン製のAndroid 4.0搭載スマートフォン。CPUはグローバルモデルとは異なり、1.5GHzデュアルコアのクアルコム製「MSM8960」を搭載している。

“Galaxy S III"「SC-06D」

ディスプレイには約4.8インチ、1,280×720ドットの「Super AMOLED」有機ELディスプレイを採用。メインカメラユニットは有効画素数約800万。

「Xi」のLTE通信に対応。GALAXYシリーズとして初めておサイフケータイにも対応した。Wi-Fiテザリングは最大10台までの同時接続が可能だ。内蔵メモリーは32GB。外部メモリーにmicroSDカードが使える。バッテリー容量は2100mAh。

モーション認識機能は既存のGALAXYシリーズに採用されている機能を拡充し、友人などの登録情報を画面に表示した状態で、スマホを耳もとに運べば自動で通話発信を行う「ダイレクトコール」などを採用する。

その他、顔認識機能を搭載し、端末ロックの解除や、ユーザーが画面を見ている間はバックライトを減光・消灯しないなど、使いやすさを高める機能を実現した。

カラーバリエーションはマーブルホワイトとペブルブルーの2色。ワンセグ機能は搭載し、防水・防塵機能、赤外線通信機能は非対応になる。

またNTTドコモは、“docomo with series"の新製品として、「F-09D ANTEPRIMA」を6月27日に発売することもあわせて発表した。「フラワーモチーフがオトナ可愛い、きらめくエレガントスマートフォン」がコンセプトの、主に女性向けのスマートフォンだ。

「F-09D ANTEPRIMA」

関連記事