テレビ台にも設置しやすい奥行き31.5cm

ヤマハ、新「ECOモード」搭載でシンプルな操作性のAVアンプ「RX-V373」

  • Twitter
  • FaceBook
ファイル・ウェブ編集部
2012年03月15日
ヤマハエレクトロニクスマーケティング(株)は、薄型テレビとの組み合わせに配慮したシンプルな機能性のエントリーAVアンプ「RX-V373」を、4月上旬に発売する。価格は42,000円(税込)。


RX-V373

RX-V373の背面端子部
ネットワーク機能を省略するなど機能をシンプルに絞り込むことによって、AVアンプのエントリー層にもわかりやすい操作性を狙い、音質にも配慮した5.1ch AVアンプ。実用最大出力は135W/ch。

筐体サイズは、テレビ台にも設置しやすい奥行き31.5cmを実現。HDMIは入力4/出力1を備えており、3D&ARCに対応するほか、4K映像信号のパススルーにも対応する。なお、エントリーモデルとしてHDMIアップスケーリング機能は省略している。

4K信号のパススルーに対応

また、薄型テレビとの組み合わせに配慮した使いやすい機能を搭載している。双方向のCEC伝送に対応しており、テレビとの接続時にテレビのリモコンで本機の操作が行えるほかに、本機のリモコンからもテレビの操作が行える。さらに、よく使う映像ソースや音場プログラムなどの組み合わせをワンタッチで呼び出したり、映像ソースとして指定したテレビやレコーダーをボタン1つで連動して起動できる独自の「SCENE(シーン)」機能も搭載する。

USB端子を1系統備えており、iPhone/iPodのデジタル接続に対応する。なお、USB端子の隣にコンポジット入力端子を備えることで、iPhone/iPod接続時に映像出力も同時に行いやすいよう配慮している。

DACは192kHz/24bit対応のバーブラウン製を搭載。増幅段はパワーICを採用している。

デコーダーは、ドルビーTrueHD/DTS-HD Master AudioなどのHDオーディオに対応。圧縮音源を補間する独自技術「ミュージックエンハンサー」や、音場補正技術YPAOなどヤマハの独自技術も採用する。また、音場創成技術「シネマDSP」は17プログラムを搭載。入力ソースやボリューム位置に合わせてダイナミックレンジを自動調整し、小音量再生時にも明瞭なサウンドが楽しめる「A-DRC技術」も採用している。

消費電力は175Wで、待機時消費電力は0.3W以下。また、使用時の消費電力を抑える新機能「ECOモード」も備えている。メニュー画面上の「ECOモード」をONにすると、OFF時に比べ消費電力を20%削減する。

新機能「ECOモード」を搭載

■スピーカーパッケージ「NS-P285」と組み合わせて5.1chシステムを手軽に実現

また、ヤマハでは現在発売中の5.1chスピーカーパッケージ「NS-P285(¥30,450・税込)」と本機を組み合わせて、5.1chシステムを手軽に実現できることをアピールしている。

NS-P285


【問い合わせ先】
ヤマハ(株)AVお客様ご相談センター
TEL/0570-01-1808(ナビダイヤル)
TEL/053-460-3409(携帯電話、PHS)

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルAVアンプ
  • ブランドYAMAHA
  • 型番RX-V373
  • 発売日4月上旬
  • 価格¥42,000(税込)
【SPEC】 ●HDMI:入力×4/出力×1 ●音声入力:AV×5/AUDIO×1/AUDIO×2/V-AUX(ステレオミニ)/光デジタル×2/同軸デジタル×2/USB×1 ●映像入力:コンポーネント×2/D4 ビデオ×1/コンポジット×4 ●音声出力:5ch(フロントL/R、センター、サラウンドL/R )/サブウーファーOUT×1/AUDIO OUT×2(AV OUT、AUDIO OUT)/ヘッドホン×1 ●外形寸法:435W×151H×315Dmm ●質量:7.5kg

関連記事