【詳報】シャープ、録画もできるBDプレーヤー“AQUOSブルーレイ”を発売

2007年02月14日

BD-HP1

シャープ(株)は、液晶テレビ“AQUOS”と「AQUOS ファミリンク」接続することでBDレコーダーとして使用可能なBlu-ray Discプレーヤー「BD-HP1」を3月20日より発売する。価格はオープンだが15万円前後での販売が予想される。愛称は“AQUOSブルーレイ”。

本機は、HDDやテレビチューナーを搭載しないBDプレーヤーだが、i.Linkケーブルを使った「AQUOS ファミリンク」でテレビやレコーダーと接続することでBDレコーダーとして使用することが可能だ。

録画可能ディスクは1層のBD-REのみ。再生可能ディスクはBD-Video(1層/2層)、BD-RE(1層)、BD-R(1層)、DVDビデオ、DVD-RW/-R、DVD-RAM、DVD+RW/+R、音楽CD、CD-RW/-R。

録画ボタンはフロントパネル内にある

ディスクトレイは右上に配置


レコーダー機能(テレビ録画)

「AQUOS ファミリンク」に対応した液晶テレビAQUOSとi.Link接続することで、テレビのデジタルチューナーで受信した番組をBDにハイビジョン録画することが可能。BD-HP1に付属した「新ファミリモコン」で各種操作を行うことができる。またテレビのEPGを使い、BDへの録画予約も行うことができる。25GBのBD-REディスクは、ハイビジョン番組を地デジで約3時間、BSデジタルで約2時間10分録画することができる。

さらに、「AQUOS ファミリンク」対応テレビとHDMI接続を行った場合、ディスク再生時の自動入力切り替えや、電源ON/OFFの連動などの機能も使用することが可能となる。

テレビの操作も可能な「新ファミリモコン」

テレビ録画のイメージ


レコーダー機能(ダビング/ムーブ)

同社のハイビジョンレコーダーとi.Linkケーブルで接続することで、HDD内に録りためたハイビジョンコンテンツをそのままの画質でダビング(ムーブ)できる「かんたんBDダビング」機能を搭載した。対応するハイビジョンレコーダーは2004年2月以降に発売されたシャープ製レコーダーだ。

ダビング/ムーブのイメージ


再生機能

本機では、BD-RE(Ver2.1)、BD-R(Ver1.1)、BDビデオソフト、DVDビデオソフトはもちろんのこと、DVDレコーダーで録画したDVDディスク(CPRM対応)の再生も可能。映像出力端子としてHDMI(Ver.1.2a)を装備。映像回路部には「1080p対応画像エンジン」を搭載し、BDビデオソフトの再生時に1080p出力を行うことができる。

また7.1chアナログ音声出力を装備。ドルビーデジタルプラス、ドルビーTrueHD(2ch出力となる場合がある)、DTS-HD(5.1chのコアストリーム部分のみ)をデコードして出力することが可能だ。

HDMIから1080p出力が可能

【問い合わせ先】
お客様相談センターフリーダイヤル
TEL/0120-001-251

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドSHARP
  • 型番BD-HP1
  • 発売日2007年3月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格150,000円前後)
【SPEC】●録画可能ディスク:BD-RE(1層) ●再生可能ディスク:BD-Video(1層/2層)、BD-RE(1層)、BD-R(1層)、DVDビデオ、DVD-RW/-R、DVD-RAM、DVD+RW/+R、音楽CD、CD-RW/-R ●記録圧縮方式:映像 MPEG2、音声 MPEG2 AAC ●映像DAC:12bit / 148.5MHz ●音声DAC:24bit / 192kHz ●入力端子:i.LINK(TS)×2 ●出力端子:映像×1、S映像×1、D4×1、HDMI×1、アナログ音声(2ch)×1、アナログ音声( ●7.1ch)×1、光デジタル音声×1、同軸デジタル音声×1 ●消費電力:約30W ●外形寸法:434W×68H×343Dmm ●質量:約4.4kg

関連記事