スピーカーも内蔵

ベンキュー、想定売価39,800円の3D対応DLPプロジェクター「MS513P」

ファイル・ウェブ編集部
2012年02月27日
ベンキュージャパン(株)は、オプションで3D対応も実現したマルチユースのDLPプロジェクター「MS513P」を3月2日に発売する。価格はオープンだが、39,800円前後での販売が予想される。


MS513P
本機は解像度SVGA(800×600)のDLPパネルを搭載。輝度は2700ルーメン、コントラスト比は13000対1。カラーホールは同社独自の「6色カラーホイール」を搭載する。またTI社のBrilliant Colorの採用により、中間色の再現性も高めている。

HDMI端子を1系統のほか、ミニD-sub 15ピンを2系統、音声入力端子も搭載する。本体には2Wのスピーカーを1基内蔵した。

オプションとして提供される3Dメガネ「3DGS-01」を使用して、DLP Link方式による3D映像が楽しめる。

電源のON/OFFとともに素速く使えるよう、ダイレクトパワーオン/オフ機能が採用された。他にも効果的な消費電力の削減が行えるよう、「SmartEco」モードも搭載した。
新着記事を見る
  • ジャンルDLPプロジェクター
  • ブランドBENQ
  • 型番MS513P
  • 発売日2012年3月2日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格39,800円前後)

関連記事