東芝、REGZAブルーレイ「DBR-Z160/Z150」アップデートで起動できなくなる不具合

ファイル・ウェブ編集部
2012年01月31日
(株)東芝は、BDレコーダー“REGZAブルーレイ"「DBR-Z160/Z150」について、放送波アップデートによって動作しなくなる現象が確認されたと発表した。

「DBR-Z160/Z150」

今回の現象は、デジタル放送波ダウンロードによる「レグザリングシェア」機能改善ソフトウェアアップデートの不具合によるもの。

同社では「1月31日以降、対象機種の一部において、本体前面画面に『UPDATE』と表示され動作しなくなり、電源ボタンを長押しして再起動しても『WAIT』表示のまま動作しない」という現象が発生していると説明。現在問題なく動作している場合は、この不具合は発生せず、そのまま使用できるという。

問題が発生している場合は、下記問い合わせ窓口に連絡すると、ソフトウェアがインストールされているUSBメモリーが発送される。対象機器の本体全面のUSB端子にUSBメモリーを差し、同梱の手順書のとおり操作すると、再起動が可能になるという。

修正ソフトは同社のWebサイトからダウンロードして、ユーザー自身で行うことも可能だ。手順書もサイト上に公開されている。

同社は「対象商品をご愛用のお客様に多大なご迷惑とお手数をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。今後、より一層の品質向上に努めてまいりますので、何卒ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます」とコメントしている。

【問い合わせ窓口】
DVDインフォメーションセンター
TEL/0120−96−3755(フリーダイヤル)
TEL/0570−00−3755(ナビダイヤル)
受付時間:365日 9時〜20時
※1月31日(火)〜2月3日(金)までは9時〜21時

関連記事