Wi-Fi内蔵iPodオーディオ新モデルも登場

<CES>オンキヨー、InstaPrevue/MHL対応新AVアンプをデモ/「MP3tunes」対応AVアンプも参考展示

ファイル・ウェブ編集部:小澤麻実
2012年01月12日
オンキヨーはベネチアンホテルにブースを構え、MHLとInstaPrevueに対応したAVアンプや、Wi-Fi内蔵iPodオーディオ新モデルなどを展示している。

■InstaPrevueとMHLに対応した世界初のAVアンプのデモ

注目は、InstaPrevueとMHLに対応した世界初のAVアンプのデモだ。

InstaPrevueのデモ。画面右端のサブ画面で、入力機器の再生映像をプレビューできる

型番は未定。型番部分は黒く塗りつぶされていた

InstaPrevueは、ディスプレイ上のメイン画面に小さなサブ画面を表示し、AVレシーバーに接続されているHDMI入力やMHL入力の再生映像をプレビューする技術。ブルーレイ、DVD、ゲームや他のHDMI・MHL対応機器との入力切り替えが、サブ画面で確認しながらテキストベースでの選択ができるようになるうえ、入力切替を行わなくても、各ソース機器の映像を子画面で確認できる。たとえば、テレビのメイン画面で番組を見つつ、サブ画面でBDレコーダーに録画したコンテンツを楽しむ、という視聴スタイルも可能だ。

MHL(Mobile High Definition Link)は、HDオーディオ/ビデオの接続規格。モバイル端末からMicroUSBと同じ形状の端子で1080pの非圧縮映像と8ch分のデジタル音声を伝送でき、HDCPコンテンツもサポートしている。

MHLのデモ。スマートフォンの映像をテレビに伝送していた

MHL端子を搭載

製品の型番や発売時期、価格は未定とのことだ。


■Wi-Fi内蔵/DLNA対応オーディオシステムの新モデル登場

昨年10月に発売されたiPodドックスピーカー「SBX-200」などは、北米市場では“iOnly"というシリーズ名をつけて販売されている。

iPodドックスピーカー“iOnly“

同シリーズの2012年新製品が“iOnly Play"「ABX-N300」だ。こちらはiPodドックに加え、Wi-Fiを内蔵し、DLNA経由の音楽再生にも対応するのが特徴のモデル。インターネットラジオの聴取も行える。なお、現在認証申請中であるがAirPlayにも対応を予定している。価格は300ドル程度となる見込み。

“iOnly Play”「ABX-N300」

本製品の背面部


■クラウド音楽サービス「MP3tunes」対応AVアンプ

クラウド音楽サービス「MP3tunes」対応の新AVアンプも展示されていた。「MP3tunes」は、ロッカーと呼ばれるサーバーに好みの曲をPCからアップロードし、スマートフォンや、今回展示されている新AVアンプなどでサーバーにアクセスして音楽を試聴できるクラウド型音楽サービスだ。radiko.jpや音楽ストリーミングサービス「AUPEO!」などネット経由でのエンターテイメント機能をいち早く搭載するオンキヨーのAVアンプに、またひとつ新しい楽しみ方が追加される。本製品は第1四半期の発売を予定している。

「MP3tunes」対応の新AVアンプ

こちらも型番は未定

■フォトレポート

4Kアップスケーリング機能のデモ

TX-NR5009/3009/1009とAVアンプのラインナップを訴求


M-5000RやA-9070、TX-8050などオーディオ機器もずらりと揃えた

日本の「X-U1」の欧米モデルも登場。「X-U1」はiPodドックが外付けだが、こちらは本体部に内蔵。カラバリも増やしている

関連記事