Windows Phoneの成果もアピール

<CES>次期OS「Windows 8」の現状を紹介 − マイクロソフトCESキーノート

一条真人
2012年01月11日
今年で最後となるというマイクロソフトのCESキーノートでは、まずはマイクロソフトの歴史が数分でわかるビデオが流された。そのなかには当然、伝説的なビル・ゲイツ氏や初期のWindowsの映像もあり、懐かしく見ることができた。

イベントはCEOのスティーブ・バルマー氏とMCによる掛け合いで進行した

マイクロソフト社の歴史を紹介するビデオが流された

今回はまずはWindows Phoneの話からはじまった。スクウェアタイルを基調としたWindows Phoneの独自UIの使いやすさや、SNSなどを統合的に扱えるツールの使いやすさがアピールされた。またハードウェアメーカーとしてHTCが高解像度ディスプレイの高機能端末を投入したり、ノキアがWindows Phoneに参入することで、Windows Phoneが活性化していることをアピールした。

Windows Phoneの使いやすさをアピールするWindows Phoneシニア・プロダクトマネージャーのデレク・スナイダー氏

Windows Phoneへのノキア参入をアピール


続くWindowsの話では次期WindowsであるWindows 8の柔軟性をアピール。パソコンだけでなく、タブレットでも使え、キーボードでもマウスでもタッチでも操作できることを強調していた。また、Storeでオンラインでプログラムが買えるようになるのも便利そうだ。

XBOXはコンテンツの強化、そして、音声で機能を読みだしたり、コンテンツや情報検索できるようになることなどが紹介された。人の動きでコントロールできるキネクトに加え、音声で操作できることで、将来的なさまざまな可能性を感じさせる。今後は専門用語などは影に隠れ、より簡単に使えるものが普及していく時代になるのかも知れない。

マイクロソフトはパソコンOSから始まり、今では人の生活のすべてに関わるメーカーに成長したのを感じさせるイベントだった。これが最後のCESキーノートなのは、これから今までとは違う何かに変わる決意のあらわれなのかも知れない。

Windows Phoneのようにタイルを基調としたWindows 8のUI

タブレットでも使えるWindows 8


Storeではオンラインダウンロードでプログラムが買えるようになる

XBOXのキネクトで遊べるセサミストリートのゲーム。プレイヤーがまるで番組に出ているように遊べて楽しそうだ

関連記事