「ARROWS Tab」から順次対応機種を拡大

TSUTAYA TV、Android端末向け配信サービスを開始 − 「ブラック・スワン」などの新作も

ファイル・ウェブ編集部
2011年10月19日
(株)TSUTAYA.comは、VODサービス「TSUTAYA TV」において、本日10月19日より新たにAndroid端末向けの映像配信サービスを開始する。新サービスはまず富士通製のタブレット端末「ARROWS Tab LTE」向けに開始し、今後スマートフォンや他のタブレット端末にも対応機種を順次拡大していく。

サービス画面

9月末に概要だけ発表されていたサービス(関連ニュース)の詳細が明らかになった格好。配信の利用は視聴可能期間を設定したレンタル(ダウンロード方式)となり、内蔵のSSDやmicroSDカードに蓄積される。

料金は映画新作で400円、映画旧作で300円〜350円、テレビシリーズは247円(いずれも視聴可能期間48時間から/作品によって異なる)。パック購入の場合は割引サービスも行う。利用登録料や月額料金、年会費などは必要ない。なお、映像はいずれもSD画質。

現時点での提供配信作品数は、Android端末向けの映像配信サービスで最大級だという6,400作品で、「ブラック・スワン」などの新作もラインナップ。今後順次タイトル数を拡大していくとしている。

視聴には専用プレーヤーを用意しており、ダウンロードをしながらコンテンツ再生が可能な追っかけ再送機能を装備。また、ファイル自動削除機能も備え、視聴期間の終了した動画ファイルを自動削除。これによりメモリー容量を常に確保するよう配慮している。

関連リンク

関連記事