ユーザーの耳型を一つずつ採取

カナルワークス、カスタムイヤホン「CW-L」シリーズにデュアル&シングルBA型新製品を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年10月14日

カナルワークス(株)は、ユーザーの耳型を採取してつくるバランスド・アーマチュア方式のカスタムイヤホン「CW-L」シリーズに、デュアルドライバーの「CW-L10」、シングルドライバーの「CW-L01P」を10月29日に発売する。

CW-L10(2Way デュアルBA型ドライバー)/¥64,800(税込)
CW-L01P(フルレンジ シングルBA型ドライバー)/¥49,800(税込)

上記価格には耳型採取費用が含まれている。販売は完全受注生産。納期は生産着手後約4週間となる。なお、上記はモニター販売の価格となり、商品の納品後に、品質向上のための簡単なアンケートに回答することが必要になる。

CW-L10


CW-L10は低域用大型ドライバーと、高域用ドライバーの2Way構成を採用。「元気よくロックを鳴らしきるベストチューニング。ロックのアリーナでの臨場感をエネルギッシュに再現する」音づくりであるという。

インピーダンスは17Ω、感度は110dB。ケーブルの長さは115cmで、プラグはステレオミニ。

CW-L01P


CW-L01Pはフルレンジのシングルタイプのバランスド・アーマチュア方式を採用。CW-L01でのイコライザー用抵抗をなくし、新たにドライバーを見直して「J-POPなどボーカル中心の、音楽をより艶やかに聴かせるイヤホンに仕上げた」という。

インピーダンスは42Ω、感度は106dB。ケーブルの長さは115cmで、プラグはステレオミニ。


付属品一式
ともにハードケース、ソフトケース、ワックスクリーニングツール、クリーニングクロスが付属する。

その他、両モデルの共通点については、ケーブルを着脱式として、断線時などにも交換対応を行う。ケーブルには“通常の3倍の高耐久性”を持たせたという、20芯撚り線OFCワイヤーを採用している。コネクター部は耳へのフィット感も高いメモリーワーヤーを内蔵する。プラグはNeutrik社製。オプションでバランスポータブルアンプ対応のプラグも選択できる。

本体カラーバリエーションは21色から自由に選択でき、オプションでオリジナルカラーも調色可能。CW-L01Pはフェイスプレートのみが選択でき、シェルはクリアのみ。

また別途費用により、コンビネーションカラーシェルやラメ入りシェル、ラインストーンの埋め込みなどバリエーション対応も可能。オリジナルエンブレムやプリントアートワークの挿入なども受け付ける。

【問い合わせ先】
カナルワークス
TEL/04-2907-8087

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドCANAL WORKS
  • 型番CW-L10
  • 発売日2011年10月29日
  • 価格¥64,800(税込)
【SPEC】●インピーダンス:17Ω ●感度:110dB ●ケーブル長さ:115cm ●プラグ:ステレオミニ
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドCANAL WORKS
  • 型番CW-L01P
  • 発売日2011年10月29日
  • 価格¥49,800(税込)
【SPEC】●インピーダンス:42Ω ●感度:106dB ●ケーブル長さ:115cm ●プラグ:ステレオミニ

関連記事