「iPhoneはスティーブの“作品”だ」

ソフトバンク、「iPhone 4S」の価格と料金プランを発表 − 「iPad 2」基本使用料0円や3G/3GS無償乗換キャンペーンも

ファイル・ウェブ編集部
2011年10月07日
ソフトバンクは本日、緊急記者会見を実施。「iPhone 4S」の料金プランについて発表し、本日10月7日16時から予約を開始することも改めて告知した。

ソフトバンクの孫正義代表

端末の、月月割適用時の月額実質負担額は16GBモデルが0円、32GBが480円、64GBが880円。ソフトバンクの孫正義氏は「データ定額料金を含めると、これは世界で最も安い価格ではないか」と自信を見せた。

通信料金はこれまでどおり。「バリュープログラム(i)」が利用でき、パケット定額料金は月額4,440円となる。

■「iPad 2」3Gモデルを実質無料で提供するキャンペーンを実施

さらに、iPhoneの基本ユーザーとiPhoneの新規ユーザーに向け、「iPad 2 Wi-Fi+3Gモデル」を月額基本使用料0円で提供する「アレ、コレ、ソレ キャンペーン」をはじめることも発表した。10月14日から11月30日までキャンペーンを実施する。

「アレ、コレ、ソレ キャンペーン」は、iPhoneの既存ユーザー、これから購入するユーザーが、iPad 2 Wi-Fi+3Gモデルを月額基本使用料0円から利用できる「(iPad専用)ゼロから定額プラン」に加入できるというもの。

基本使用料は100MBまで0円で、以降は0.0525円/パケット。パケットの上限は4,980円。なおウェブ基本使用料も100MBまでは無料で、以降は月額315円。契約事務手数料やユニバーサルサービス料も無料となる。Wi-Fiを利用する場合、無料でiPad 2を利用できることになる。孫氏は「iPadのユーザー調査では、4割の方々が100MB以内のデータ通信量に収まっている」と述べた。

※記事初出時、iPad 2自体が無料で提供されると誤解を受けるタイトルと内容になっておりました。端末代金には月月割が適用されず、最低でも端末の分割支払金、月額1,860円が必要となります。お詫びして訂正致します。

さらに「実質無償機種変更キャンペーン」を展開することも発表した。iPhone3G/3GSのユーザーを対象に、無償で割賦の残存分割支払金を免除し、そのままiPhone 4もしくはiPhone 4Sにバージョンアップできるというものだ。加入条件はホワイトプラン(i)に加入すること、新スーパーボーナス用販売価格で機種変更することの2点。

■auに対する技術的な優位性を強調

iPhone 4Sは今回、ソフトバンクだけでなくKDDIからも提供されるが、ソフトバンクはauに対する優位性を強調した。

auとの比較では、データ通信の下りがソフトバンクは14.4Mbps、auは3.1Mbpsということを強調。auに比べ約5倍の、理論上の速度が出ることをアピールした。

また発表会では、auではデータ通信と音声通話が同時に行えないが、ソフトバンクが採用しているW-CDMA方式では、これが行えることを強調。

データ通信と音声通話が同時に行えないと、アプリやデータのダウンロード中に通話を継続したり、通話中にメールを受信することができないと説明。またオンラインゲーム中に着信があった場合、auでは多くの場合ログアウトしてしまうなど様々な例を挙げ、ソフトバンクの利点をアピールした。

会見では電波品質の改善についても言及。まず基地局数は16万局と大幅に増やしたが、今後も増やしていくことを宣言した。

また直近で接続率調査を行ったが、NTTドコモとauが97%であったのに対し、ソフトバンクは96%という数値であったことを紹介。さらに外部の協力会社の調査では、NTTドコモとほぼ同等の接続率となったという。「まだ追いついていないが、他社の背中が見えた」(同社)とした。

ただし同社では、まだ今後も電波改善が必要であることを認識していると説明。「当社の社員は誰も追いついたとは思っていない。今後、追いつき、追い抜いていきたい」(同社)とコメントした。

電波品質改善のため、1兆円の設備投資を今年と来年の2年間で行うほか、来年決定される予定の、900MHz帯の使用権を何としても取得したい、とした。

■「iPhoneは単なる製品ではない。スティーブの作品だ」

記者会見の冒頭、孫氏は10月5日に死去したジョブズ氏への哀悼の意を表明。「iPhone 3Gの時からiPhoneを取り扱ってきたが、iPhone 4の発表会のとき、次の製品にまで目を輝かせながら『色々仕込んでいるからね』と言われたことを思い出す」と述べた。

また孫氏はiPhoneについて「単なる製品ではなく、スティーブの芸術であり、作品という気がする」とし、「お金を取って売るためのものというより、人類の生み出した芸術作品を多くの人に届けたいという情熱をつくづくと感じた」とした。

また孫氏はジョブズ氏の思い出を語り、「妥協のない人だった。本当の感動を提供するため、本当に美しいものを作るために、99%の満足では決して世に出さない。その姿勢に感動し、少しでも応援したいという気にさせられた。一貫して言えるのは彼の思い、作品に対する愛情だ」と述べた。

関連記事