高画質IC「QDEO」も搭載

パイオニア、PQLS対応でFLAC再生も可能なBDプレーヤー「BDP-LX55」など発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年10月04日
パイオニアは、BDプレーヤーの新モデル2機種を10月中旬から順次発売する。

BDP-LX55

BDP-440

・「BDP-LX55」¥94,000(税込)11月中旬発売
・「BDP-440」¥OPEN(予想実売価格35,000円前後)10月中旬発売

両機ともBlu-ray 3Dの再生に対応。またAVCHDやAVCRECの再生、DVD/BD/USBに記録したDivX Plus HD、MKVの再生も行える。さらに両機はSACDやDVDオーディオの再生も可能。さらに上位機のBDP-LX55はFLACの再生にも対応しており、192kHz/24ビットまでのFLAC再生が行える。

同社独自のジッターレス伝送機能「PQLS」が利用でき、同社のAVアンプとHDMIケーブルで接続することで音声のジッターレス伝送が可能。さらに両機は、SACDやDVDオーディオの再生時にもPQLSを利用できるようになった。

また両機は10月中旬発売予定の「SC-LX85」「SC-LX75」とHDMIで接続すると、自動的にAVアンプ側の高音質化機能「サウンドレトリバー」が働く機能も備えている。

さらに両機はDLNA 1.5に準拠し、ネットワークメディアプレーヤーとし利用可能。またスマートフォン向けアプリ「iControlAV2」による操作にも対応している。

上位機のBDP-LX55は、音質や画質を高めるための機能や仕様を多く盛り込んだ。

LX55はHDMI出力を2系統備え、うち1系統はオーディオ専用。2chのアナログ出力音声出力を1系統装備し、192kHz/32ビットの音声DACを搭載している。

さらにLX55は剛性に優れたレイヤードシャーシやメカ部分を固定するリジッドメカニカルベースを採用。これにより共振を抑えるなど、音質を向上させるための工夫を多数施している。

画質関連の対策としては、LX55は高画質IC「QDEO」を搭載。また圧縮処理された動画に対し、自動的にブロックノイズやモスキートノイズを低減する「ストリートスムーサー」機能も搭載した。

外形寸法はBDP-LX55が435W×93H×252Dmm、BDP-440が435W×90H×252Dmm。質量はLX55が3.5kg、440が2.6kg。

【問い合わせ先】
カスタマーサポートセンター
TEL/0120-944-222
新着記事を見る
  • ジャンルBDプレーヤー
  • ブランドPIONEER
  • 型番BDP-LX55
  • 発売日2011年11月中旬
  • 価格¥94,000(税込)
【SPEC】●出力端子:HDMI×2(通常+オーディオ専用)、ビデオ×1、光デジタル音声×1、アナログ2ch音声出力×1、LAN端子×1、USB×2 ●外形寸法:435W×93H×252Dmm ●質量:3.5kg
  • ジャンルBDプレーヤー
  • ブランドPIONEER
  • 型番BDP-440
  • 発売日2011年10月中旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格35,000円前後)
【SPEC】●出力端子:HDMI×1、ビデオ×1、光デジタル音声×1、アナログ2ch音声出力×1、LAN端子×1、USB×2 ●外形寸法:435W×90H×252Dmm ●質量:2.6kg

関連記事