米Microsoft、音楽プレーヤー「Zune」の生産を終了

ファイル・ウェブ編集部
2011年10月04日
米Microsoftは、米国を中心に販売してきた音楽プレーヤー「Zune」の生産を終了したことを発表した。

Zune

同社は、Windows Phoneに同社のモバイルミュージックとモバイルビデオ戦略をフォーカスさせることを理由として挙げている。また、Zuneプレーヤー向けのサービスは今後も継続すること、保証やカスタマーサポートもこれまでどおり行うことなどを合わせて説明している。

Zuneは2006年9月に発表され、同年のホリデーシーズンに米国内で発売した(関連ニュース)。一時はシェアを拡大したものの、スマートフォンの普及で単体音楽プレーヤー市場が縮小したこともあり、販売の苦戦が伝えられていた。日本での販売は行われていない。

関連記事