パイオニア、CEATECブース情報公開 − 次世代車載用ディスプレイ「AR HUD」や新製品展示など

ファイル・ウェブ編集部
2011年09月28日
パイオニア(株)は、10月4日から開催されるCEATEC JAPAN 2011に出展。次世代車載用ディスプレイ「AR HUD」や非接触充電システム、カーエレクトロニクスやホームエレクトロニクスの新製品などが展示される。ブースナンバーはホーム&パーソナルゾーン 2A28。


こちらは2010年のCEATECで展示されたHUDのデモ
■ AR HUD(ヘッドアップディスプレイ)【参考出品】
パイオニアが提案する次世代車載用ディスプレイ。光源にRGBレーザーを採用し、独自の光学設計を採用することで、フロントガラス前方の空間に鮮明な映像を浮かせて表示する。また、AR技術を組み合わせることで、目の前の風景にナビゲーションなどさまざまな情報を重ねて表示し、直感的に情報を把握できるのが特徴。ブースでは、実際にシートに座って「AR HUD」を体感することができる。

■ 非接触充電システム【参考出品】
駐車するだけで充電ケーブルやプラグを使わずに充電できる、新開発・コンパクトサイズの充電器を搭載した「非接触充電システム」を参考出品。また、同機に搭載している無線通信技術を使った「街」「家」「車」をつなげる提案も行う。

■ サイクルナビゲーション【参考出品】
アスリート向けの高機能「サイクルコンピューター・ペタリングモニタセンサー」と、一般サイクリスト向けの、自転車で街を散策する“ポタリング”を楽しむためのGPS センサーと地図データを搭載した「サイクルナビゲーション」を提案。

■ 有機EL 照明【参考出品】
明るさだけでなく色も変えることができる、調光/調色型の照明パネルを搭載した有機EL照明を使用して、「美味しい照明」「美人照明」として提案。

■ コミュニケーションテーブル【参考出品】
テーブルに52V 型LCD のタッチパネルを搭載し、さまざまな情報・コンテンツを表示編集することができる次世代のコミュニケーションツール。表示したデータをカード(紙)のように指先で操作ができるほか、TV会議システムと連動させて、離れた家族や友人などとコミュニケーションを取ることができる。

■ カーエレクトロニクス製品/ホームエレクトロニクス製品
2011年秋に発売する新製品など、カーエレクトロニクス製品やホームエレクトロニクス製品を展示。

<主な出展物>
サイバーナビ、楽ナビ、楽ナビLite、エアーナビ、ナビクレイドル、STEEZ、ホームシアター、ヘッドホン

関連リンク

関連記事