スマートシティ事業など省エネ関連展示も

日立、CEATEC出展情報を発表 − フルパララックス3Dディスプレイを参考出展

ファイル・ウェブ編集部
2011年09月20日
(株)日立製作所と日立コンシューマエレクトロニクス(株)は、10月4日から幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2011」に出展する。A&V関係の出展内容は下記の通り。

■映像関連ゾーン

・薄型テレビ「Wooo」
日立の<S-LED>高画質・省エネ技術、スマートフォンやタブレット端末を使って操作できるアプリケーションを紹介。

・iVDRソリューション 他
iVDRメディアラインアップ、iVDR応用機器、ワイヤレス充電機器を出展。

・映像技術
フルパララックス3Dディスプレイと、その応用技術を展示(参考出展)。

そのほか、EMS関連ゾーンでは、太陽光発電システムやエコキュート、蓄電池などとの連携を想定した「Home Energy Management System」の参考出展や、省エネ支援サービス「エコポンパ」の紹介、ルームエアコン/冷蔵庫/LED照明/薄型テレビの省エネ技術紹介、スマートシティ事業に関する各実証実験・事業の紹介などが行われる。

関連リンク

関連記事