【更新】日立、テレビ事業を国内生産から外部生産委託へ切り替え検討

ファイル・ウェブ編集部
2011年08月03日
本日、複数の報道機関が、日立製作所がテレビの国内生産を今年度中をめどに終了し、自社生産から撤退する方針を固めたと報道した。

報道では、岐阜県美濃加茂市の工場で行っているテレビ生産を今年度中にも終了し、テレビ生産は今後、海外の受託生産サービス会社への委託に切り替えるとしている。

本件について、当初日立グループで薄型テレビ事業を手掛ける日立コンシューマエレクトロニクスに問い合わせたところ、「国内のテレビ生産を終了するということは一切無い。事実と反する」とコメントしていたが、日立製作所 本社広報に問い合わせたところ「国内のテレビ生産を終了し、100%外部生産委託に切り替えることを検討中だが、決定はしていない」とのことであった。

なお日立製作所の岐阜工場は他の製品生産に切り替え、今後とも引き続き雇用を維持していくという。

記事初出時、日立コンシューマエレクトロニクスに問い合わせたところ「事実と反する」とのことでしたが、日立製作所本社広報に再度取材したところ「切り替えを検討している」とのコメントであったため、ニュース内容を修正しました。(8/3 16:16)

関連記事