シャープ、AQUOS最上位「L5」の発売を8月5日に延期

ファイル・ウェブ編集部
2011年07月01日
シャープ(株)は、7月15日とアナウンスしていた液晶テレビ“AQUOS”L5ライン(関連ニュース)の発売を8月5日に延期すると発表した。

LC-52L5

同社は延期の理由について「事情により」としている。

L5ラインはTHXディスプレイ認定も取得したハイエンドモデル。これまでのLV3/LX3ラインの後継機で、60/52/46/40V型の4モデルが用意されている。

パネルはハイスピードUV²Aを採用し、クアトロンパネルを採用。3D表示にも対応しているほか、USB-HDDへ2番組同時録画が行えるなど録画機能も強化した。

またネットワーク機能も強化し、DLNAのプレーヤー機能だけでなくレンダラー機能にも液晶テレビAQUOSとして初めて対応したほか、同社製スマートフォン「AQUOS PHONE」やAQUOSブルーレイとの連携機能「スマートファミリンク」機能も備えている。

関連記事