ホームエンタテインメント事業本部各部門が一ヶ所に集結

ソニー、新オフィス「ソニーシティ大崎」へ7月より順次入居を開始

ファイル・ウェブ編集部
2011年06月21日
ソニーは、旧大崎西テクノロジーセンター跡地に完成した新オフィス「ソニーシティ大崎」への入居を7月より順次開始する。

入居予定となっているのは、ソニー(株)を中心としたグループ社員約5,000名で、コンスーマープロダクツ&サービスグループホームエンタテインメント事業本部、共通ソフトウェアプラットフォーム ソフトウェア設計本部・ソフトウェア設計技術センターの一部、および研究開発プラットフォーム技術開発本部など。

テレビ・ビデオ・ホームオーディオ事業を担うホームエンタテインメント事業本部の全部門が一ヶ所に集結することにより、さらに連携を強めて商品力強化を図るほか、都心における同グループのオフィス集約をさらに加速し、ファシリティコストの低減と、より一層の業務効率向上を狙うという。

なお、ソニーシティ大崎のビル壁面には「気化冷却外装“バイオスキン”」システムを採用。外部の空気を冷却することでビル内部の空調負荷を軽減するもので、都心のヒートアイランド現象に対して建物自体が効果を発揮する世界初の試みとのことだ。

加えて、大容量の蓄電池により、夜間に貯めたエネルギーを空調やその他の設備に活用することで、昼間に使用する電力を約1/3抑制するといった最先端の各設備により、ビルの環境負荷の低減を図っている。また、特例子会社であるソニー・太陽(株)のアドバイスを取り入れるなどし、従来の自社ビルよりもさらにユニバーサルデザインを追求し、誰もが働きやすいオフィスを実現したという。

関連リンク

関連記事