ソニー「MDR-Z1000」の試聴が人気

<ヘッドホン祭>フォステクスから漆仕上げの新ヘッドホン試作機/ロジクール UEエントリーモデル

ファイル・ウェブ編集部
2011年05月07日
フジヤエービック主催のヘッドホンイベント「春のヘッドホン祭2011」が5月7日、東京の「スタジアムプレイス青山」で開催された。本稿ではフォステクス、ロジクール、ソニー、オーディオテクニカ、音茶楽のブースレポートをお届けする。

フォステクス


ハウジング部を漆コーティングした新ヘッドホン試作機を公開
フォステクスのブースでは、ハウジング部を漆でコーティングした新ヘッドホンの試作機が公開され、試聴デモが行われた。本年度中の発売を見込んでいるというモデルで、価格は10万円台を予定しているという。


R側にはゴールドのラインが入っている
漆を採用した理由は、筐体に強度を持たせる狙いと、日本メーカーであることから「和風」のコンセプトを採用したのこと。L/Rをわかりやすくするため、R側にのみゴールドのラインが施されている。

また、さまざまなカラーパーツを選んでオリジナルヘッドホン/イヤホンを作れる“KOTORI”ブランドの製品も展示。同社説明員によれば、「今回の展示は、購入前にユーザーが音を体験できる機会。直接試聴して音質に納得してもらいたい」とのこと。なお、現在ヘッドホンタイプの受注は男女半々の割合だが、イヤホンタイプの受注は女性の割合が多くなっているという。


KOTORIブランドのヘッドホン

KOTORIブランドのヘッドホンケース
また、同社ブース内ではヘッドホンアンプ「HP-A3」に、新日本無線のオーディオ用オペアンプ「MUSE」の開発中モデルを搭載した特別機の試聴コーナーも設けられた。「MUSE」は無酸素銅をICチップのフレームに使用するなど高音質化を図っているオペアンプシリーズで、今回のデモに使用したものは材質・レイアウト・樹脂など様々な設計にこだわった最新モデルとなる。

新日本無線のオペアンプ「MUSE」

FOSTEXのヘッドホンアンプ「HP-A3」に最新の「MUSE」を搭載した試聴機


ロジクール


ロジクールブースの様子
ロジクールは、4月に発売したばかりのUltimate Earsブランドのカナル型イヤホン「UE100シリーズ」と「UE200シリーズ」(関連ニュース)の試聴を実施した。どちらもより多くのユーザーにUltimate Earsブランドを聴いてほしいということから展開されているエントリーモデル。特にUE100はデザインにこだわっており、CDジャケットのデザインなどで名のあるチャック・アンダーソンによるアートワークと、ロックスターで写真家でもあるグレッグ・ウォーターマンの写真をあしらっている。


UE200

UE100
また、昨年10月の「秋のヘッドホン祭」で試聴コーナーを設けた米Ultimate Earsのプロ用途の使用を想定したモニターイヤホン「Ultimate Ears In-Ear Reference Monitor」や、「Ultimate Ears 18 Pro Custom Monitor(UE 18 Pro)」などのカスタムイヤホンも用意。両機種とも国内の取り扱いが未定となっており、同社ブースの前では試聴の順番を待つ来場者が列を作った。

米Ultimate Earsが展開するカスタムモデルUE18

ソニー


ソニーブースの様子

MDR-Z1000を大々的にフィーチャー
ソニーは、昨年発売のモニターヘッドホンの最上位機種「MDR-Z1000(関連ニュース)」をフィーチャーした試聴デモを実施。同時リリースの16mmドライバー搭載のカナル型イヤホン「MDR-EX1000」も用意され、ブースには多くの来場者が訪れた。


MDR-XB1000

MDR-NC600D
また、70mmドライバーを搭載した「MDR-XB1000(関連ニュース)」や、同じくクラブミュージックリスナーを意識した“EXTRA BASS(エクストラベース)”シリーズのイヤホン「MDR-XB41EX」「MDR-XB21EX」など2月発売の新製品に加え、長く人気を集めるデジタルNCヘッドホン「MDR-NC600D」なども用意された。

オーディオテクニカ


オーディオテクニカブースの様子
オーディオテクニカのブースでは、4月発売の“SOLID BASS”シリーズの新モデル3機種(関連ニュース)をメインにした試聴デモを展開。


“SOLID BASS”シリーズATH-CKS55とATH-CKS77

“SOLID BASS”シリーズATH-WS55
そのほかにもポータブルヘッドホン「ATH-ESW9」や、ハイエンドヘッドホン「ATH-W1000X」「ATH-A2000X」「ATH-AD2000」など、幅広いラインナップを用意した充実した内容となった。ダイナミックヘッドホン「ATH-W5000」とヘッドホンアンプ「AT-HA5000」を組み合わせた試聴も行った。


ハイエンドヘッドホンATH-W1000Xなど

ATH-W5000とヘッドホンアンプAT-HA5000を組み合わせた試聴を実施
なお、同社説明員によれば、今夏に“SOLID BASS”シリーズの新モデルとして、コントローラーに通話用マイクなどを搭載したスマートフォン向けモデルの展開を考えているという。

ポータブルヘッドホンATH-ESW9など幅広いラインナップを用意

音茶楽


音茶楽は、特許を取得した外耳道チューニングを施したオーディオテクニカ製イヤホンの試聴デモを実施。独自の「トルネードイコライザー」を外耳道の長さに合わせてイヤホン筐体に組み込む技術で、カナル型イヤホンを装着した際に外耳道が塞がれ、共振のモードが変化することによるサ行の音のキツさなどを抑える効果をもたらすもの。


チューニングされた9種類の音質を来場者が比較試聴できるコーナーを設置

トルネードイコライザーの模型
本イベントでは、「クリア」「マイルド」など様々にチューニングした9種類の音質を来場者が比較試聴できるコーナーを設置。なお、現在の取り扱いモデルはオーディオテクニカ製のイヤホンのみとなっており、ユーザーの持ち込みなどには対応していない。

関連記事