HDR機能も搭載

ニコン、バリアングル液晶/フルHD動画対応一眼「D5100」を発売 − 「スペシャルエフェクトモード」も

ファイル・ウェブ編集部
2011年04月05日

D5100
(株)ニコンイメージングジャパンは、3型のバリアングル液晶モニターを備えてフルHD動画撮影などにも対応したデジタル一眼レフカメラ「D5100」を4月21日より発売する。

・ボディ単体 ¥OPEN(予想実売価格80,000円前後)

・18-55 VR レンズキット ¥OPEN(予想実売価格90,000円前後)
 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付き

・18-105 VR レンズキット¥OPEN(予想実売価格120,000円前後)
 AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR付き

・ダブルズームキット ¥OPEN(予想実売価格125,000円前後)
 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
 AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR付き

上位機「D7000」(関連ニュース)にも搭載されているDXフォーマットCMOSセンサーと画像処理エンジン「EXPEED 2」を採用し、有効画素数16.2メガピクセル。新たにHDR機能も搭載している。

2009年に発売された「D5000」(関連ニュース)の後継機にあたり、液晶モニターのサイズを2.7型から3型に大型化。液晶は引き続きバリアングルだが、液晶モニターが三脚と接触しないように配慮し縦開きから横開き式へ変更した。

液晶および操作ボタン類の様子

バリアングル液晶は横開き式へと変更

液晶モニターの開閉は左側に0〜180度、回転は開いた状態で時計回りに90度、反時計回りに180度可動。解像度は約92万ドットで、色再現範囲はsRGB相当。視認性とコントラスト比を向上させている。

そのほか「D5000」からの進化点としては、ISO感度が100〜6400までへの対応となった。また、記録媒体もSD/SDHCカードに加えてSDXCカードにも対応した。

「Dムービー」も引き続き搭載し、1920×1080/30pでの動画撮影にも対応。コントラストAFでのピント合わせができ、動き回る被写体にもピントを合わせ続けるほか、動画編集機能なども備えている。また、モードダイヤルと同軸にライブビュースイッチを配置するなど、操作性を向上させているほか、別売マイク「ME-1」によるステレオ録音にも対応している。

同社のデジタル一眼レフカメラとして初めて「スペシャルエフェクトモード」を搭載。静止画、動画にかかわらず、液晶モニターの表示画像でリアルタイムに確認しながら、撮影時にカメラ本体で演出効果を選択、設定できる。

なお、同モードには「セレクトカラー」「カラースケッチ」「ミニチュア効果」「ナイトビジョン」「ハイキー」「ローキー」「シルエット」の計7種類を用意。主な内容は下記の通り。

・<セレクトカラー>:選択した特定の色だけを残し、それ以外はすべて白黒表示。選択できる色は1つの作品に対して最大3色。

・<カラースケッチ>:色鉛筆やペンなどを使って描いたスケッチ風に表示。色の濃さや線の濃さも画面を見ながら調整が可能。

・<ミニチュア効果>:ジオラマを接写したかのように表示。効果をかける方向(縦/横)、効果の幅(狭/標準/広)が調整可能。

・<ナイトビジョン>:超高感度撮影モード(〜ISO 102400相当)で、暗い場所でも被写体を確認しながら撮影可能。※RAW記録不可、静止画はJPEG(白黒)のみ。コントラストAFのみ対応

【問い合わせ先】
ニコンカスタマーサポートセンター
TEL/0570-02-8000

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドNIKON
  • 型番D5100
  • 発売日2011年4月21日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格80,000円前後)
【SPEC】●有効画素数:16.2メガピクセル ●撮像素子:23.6×15.6 mmサイズCMOSセンサー、ニコンDXフォーマット ●記録媒体:SD/SDHC/SDXCカード ●ISO感度:ISO 100〜6400(1/3段ステップ) ●外形寸法:約128W×97H×79Dmm ●質量:約560g

関連記事