EX72Sの同梱スピーカーを単品でも

ソニー、イヤホンジャック使用のテレビ用スピーカーを単品発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年03月16日
ソニーは、イヤホンジャックによる簡易接続を採用したテレビ用スピーカーを4月下旬より発売する。46V型テレビ用の「SA-46SE1」などサイズごとに3モデルを用意しており、価格は下記の通り。

・SA-46SE1(46V型用) ¥OPEN(予想実売価格15,000円前後)
・SA-40SE1(40V型用) ¥OPEN(予想実売価格13,000円前後)
・SA-32SE1(32V型用) ¥OPEN(予想実売価格10,000円前後)

SA-46/40/32SE1

BRAVIA”「KDL-EX72Sシリーズ」に搭載されていたスピーカー部の単品販売モデル。単品販売にあたり専用リモコンも付属させた。

本機のリモコン

総合出力は40Wで、スタンダード/ムービー/ゲーム・ボイスという3種類のサウンドフィールドに対応。テレビ電源とテレビ音量に連動するほか、オートオフ機能も備えている。

同時発表された「HT-CT550W」同様に、“BRAVIA”KDL-HX920/HX820/NX720/EX720の5モデルとの一体設置に対応。テレビへの取付用金具は別売で、46V型への取付用の「WS-46SE1B」などを用意している・
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドSONY
  • 型番SA-32SE1
  • 発売日2011年4月
  • 価格¥OPEN(予想実売価格10,000円前後〜)

関連記事