第1弾は「インセプション」「ダーク ナイト」

ワーナー、映画作品アプリをApp Storeで提供開始 −ストリーミング/ダウンロード両対応で特典も多数

ファイル・ウェブ編集部
2011年02月17日
Warner Bros.は、映画作品のiOS端末向けアプリをApp Storeで提供開始した。現在「インセプション」「ダーク ナイト」の2作品を無料でダウンロードできる。

アプリはiPhone/iPod touchのほか、iPadにもネイティブ対応しており、iPadでは大画面を活かしたレイアウトでアプリを楽しめる。

iPhone版アプリ「ダーク ナイト」のトップ画面

5分間のプレビュー視聴が可能。端末に映像をダウンロードすることもできる

シーン一覧表示ももちろん可能

特典映像も多数用意している


iPad版「インセプション」アプリ

iPadの画面の広さを活かしたレイアウトを採用

字幕は複数言語対応

特典の視聴画面

アプリでは作品映像を数分間プレビューできるほか、アプリ内課金によって完全版を購入することも可能。

完全版では映画全編をWi-Fi/3Gでストリーミング再生するだけでなく、映像を端末にダウンロードして再生することもできる。「ダーク ナイト」の場合、完全版の価格はiPhone/iPadともに1,200円で、ダウンロードには2.2GBの容量が必要。

アプリの場合、iTunes Storeでの映画販売が開始されていない国や地域でも作品を提供できる利点がある。なお国内ではiTunes Storeの映画販売コーナーでも「ダークナイト」(SD版)がダウンロード購入できるが、価格は1,000円と、アプリの方が若干高く設定されている。

完全版では映画本編だけでなく、特典映像やインタラクティブな映像トリビア、アートギャラリー、サウンドボードの視聴なども楽しめる。FacebookやTwitterへの共有機能も利用できる。

字幕は複数の言語に対応し、切り替えて視聴が可能。吹き替え音声や動的な字幕も一部言語で利用できる。なお、アプリ内の作品データの著作権保護技術(DRM)にはWidevine Technologies社のWIDEVINEが用いられている。Widevine社は昨年12月、Googleに買収されている。

関連記事