高速&快適な操作性も特長

ケンウッド、16GBのSSD内蔵AVナビを発売 − iPhone/iPodデジタル接続や地デジの高感度受信を実現

ファイル・ウェブ編集部
2011年01月11日

“彩速ナビゲーション‐AVENUE‐”シリーズ
ケンウッドは、地上デジタルチューナーを内蔵した7V型タッチパネル液晶搭載AVカーナビゲーションシステム“彩速ナビゲーション‐AVENUE‐”シリーズの新製品「MDV-727DT」「MDV-626DT」を2月上旬に発売する。

MDV-727DT

MDV-626DT

価格はオープンだが、上位機の727DTが15万円前後、626DTは13万円前後での販売が予想される。JVC・ケンウッド・ホールディングス(株)は11日、新製品記者発表会を都内で開催した。

ケンウッドがカーナビシステムを提供するランボルギーニ社のデモカーを展示

デモカーにインストールされたMDV-727DT

今回発表された新製品は、同社が昨年に発表したSSD内蔵のAVカーナビゲーションシステム「MDV-313」のコンセプトを継承する、高精細画面表示と高速操作レスポンスを特長とするメモリーナビゲーションシステム製品の新しいハイエンドモデル。W-VGA(800×480画素)解像度のタッチパネル液晶モニターと、ホワイトLEDバックライトとの組み合わせにより、高精細な画面表示を実現する「スーパーファインビューモニター」を搭載。本体には16GBのSSDを記憶媒体に採用し、高速レスポンスを特徴とする「ジェトレスポンスエンジンII」との組み合わせにより、豊富なストレージ容量と快適な操作性を併せて実現している。

両モデルの違いは、内蔵する地上デジタルチューナーの仕様が727DTでは新開発の高感度4チューナー/4ダイバシティ方式となるのに対し、626DTは2チューナー/2ダイバシティ方式となる。626DTのチューナーは、同社従来モデルの4チューナー/4ダイバシティ方式HDDナビに匹敵する性能を備えているという。また、727DTはBluetoothレシーバーを内蔵しており、対応機器との組み合わせでワイヤレス音楽再生やハンズフリー通話が行える。

727DTは高感度4チューナー/4ダイバシティ方式を採用

727DTはBluetooth機能を搭載する

以下に両モデルが共有する製品の特徴を紹介する。

液晶モニターはW-VGA(800×480画素)表示に対応し、バックライトはホワイトLEDを採用。映像コンテンツや細かな文字情報も鮮明に表示する優れた描画性能を実現している。AV表示は内部接続を見直すことで、より高精細な表示を可能にしているという。

モニターに表示される高精細な映像を素早く描画するため「ジェットレスポンスエンジンII」が新たに搭載された。画面の切り替えや地図のスクロールを高速化し、快適な操作性を実現している。

どちらのモデルも本体に16GBのSSDを内蔵メモリーとして採用する。本体の起動やデータの読み込み速度を高速化し、操作を快適化するとともに、車室内の温度変化や振動に対する耐久性を高められるメリットが得られているという。膨大なナビデータは、同社独自のデータ圧縮技術である「S3(Small/Smart/Speedy)」フォーマットにより収録されており、さらにSSDに最適なデータの収録方法を採用することで、高速レスポンスを保ちながらHDDナビと同等の地図データを収録している。

独自のデータ圧縮技術「S3」を採用

AV機能は本体にUSB端子、SDカードスロットを搭載したほか、DVD/CDの再生やFM/AMラジオの視聴が楽しめる。SDメモリーカードは最大32GBのSDHCカードに対応する。再生可能な音楽ファイル形式はMP3/WMA/AAC/WAV/FLAC、動画ファイルの形式はMPEG4/H.264/WMVとなる。

SDカードスロットを搭載した

多彩なソースの再生に対応する

iPhone/iPodのデジタル接続にも対応し、プレーヤー本体に保存した音楽・動画ファイルの再生が楽しめる。楽曲再生等の操作はナビゲーションシステムのパネル上から行えるほか、iPhone/iPod側からも行える「コントロールハンドモード」を搭載する。別売の同社製ケーブル「KCA-iP302」を使えば、最大5WでiPhoneの高速充電も行える。

iPhone/iPodのデジタル接続に対応した

本体内蔵のディスクドライブを使って、CDから内蔵SSDに録音できる機能も搭載する。録音ファイル形式はAAC固定となり、256kbpsの高音質モードと128kbpsの通常モードから選べる。ミュージックDBは「Rovi LASSO」を搭載し、録音したファイルはアルバムや楽曲タイトル、ジャンル、アーティスト名も表示できる。

地図表示中のナビ画面上に、再生中の動画や楽曲のアルバムアート/アーティスト情報などが同時に表示できる「2画面表示機能」にも対応する。また先述のとおり、上位機の727DTはBluetoothレシーバーを内蔵し、ワイヤレス音楽再生も楽しめる。

音質にもこだわった仕様となり、50W×4 MOS-FETハイパワーアンプを内蔵するほか、ケンウッドの専用設計により音の明瞭度や量感を向上させる「オリジナル・バックアップ・コンデンサ」や、ナビ部からのノイズを徹底排除する「無干渉セパレートシャーシ構造」なども特徴としている。

本体内蔵のSSDには楽曲管理用アプリケーション「KENWOOD Music Editor-VX」が保存されており、USBメモリー等に書き出した後、Windows PCにインストールして楽曲検索や曲調の自動分類など、多彩な機能が活用できる。

車のタイプやスピーカーの情報を入力し、音質の自動設定が行えるカスタマイズ機能や、シート位置ごとに再生環境を最適化できる音質補正機能も充実する。また別売の「KNA-300EX」により、純製ステアリングリモコンでソースの切り替えやボリューム、再生、楽曲送りなどのコントロールが行える。

地図データベースは2010年10月の最新データを収録。ピンポイント住所検索や電話番号/名称/ジャンル/周辺施設など多彩な9種類の検索機能を搭載している。「MAPPLEガイドデータ全国約7万件」や「MAPPLE全国SA/PA情報」を収録し、旅先で周辺の観光地を検索したり、パーキングエリア、サービスエリアの情報を手軽に検索できる。また運転のエコ度を判定してアドバイスする「エコメニュー機能」も装備された。また、地図情報については会員制サービス「KENWOOD MapFan Club」に登録することにより、約2万円の料金で最長5年間に5回、最新の地図情報への更新サービスを受けることができる。


計7段階の画面チルト角度が選べる

サウンドのカスタマイズ機能も豊富に揃う
その他、本体のカスタマイズ機能については、車のインテリアに合わせて7種類のプリセットカラー、またはRGBカラーの調整により好みのイルミネーションが選べる「バリアブルカラーイルミネーション」に対応する。その他、モニター部への太陽光の入射にも対応できるよう設けられた「逆チルト」を含む、計7段階の画面チルト角度が選べる調整機能が備わる。


J&Kカーエレクトロニクス(株)阿部重徳氏
本日開催の記者発表会には、J&Kカーエレクトロニクス(株)取締役技術本部長の阿部重徳氏が登壇し、ビジネスの概況を説明した。同社の米国におけるFixed Navigation製品のシェアは、現在JVC・ケンウッドのコンシューマーモデルをトータルして40.6%を獲得しているという。また日本国内の市場では、同社が常時トップ争いを展開するメーカーの一つであることを阿部氏は強調する。「今年はSDカードスロット搭載モデルに注力し、さらなるシェア拡大を狙う」と意気込んだ。

米国での現状シェア

国内のシェア

カーナビゲーション製品については昨年1月から投入した「MDV-313」が好評を博したことをきっかけに、国内市販ナビ商品のマーケットにおいて、単一商品で3.5%のシェアを獲得したという。阿部氏は今後は2011年度に10%のシェア獲得を実現すべく、新商品の727DTと626DTの積極展開を図ると宣言した。。

なお、ケンウッドは1月14日から3日間に渡り、幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2011」に出展し、今回発表された新商品を展示する。本日開催の発表会にはケンウッドブースのイベントコンパニオンを務める“彩速ガールズ”が登場し、会場に彩りを添えた。

“彩速ガールズ”が発表会に登場

【問い合わせ先】
ケンウッドカスタマーサポートセンター
TEL/0570-010-114

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルカーオ−ディオ
  • ブランドKENWOOD
  • 型番MDV-727DT
  • 発売日2011年2月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格150,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:7V型ワイド ●画素数:800×480 ●外形寸法:180W×100H×185Dmm ●質量:2.98kg
  • ジャンルカーオ−ディオ
  • ブランドKENWOOD
  • 型番MDV-626DT
  • 発売日2011年2月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格130,000円前後)
【SPEC】●画面サイズ:7V型ワイド ●画素数:800×480 ●外形寸法:180W×100H×185Dmm ●質量:2.96kg

関連記事