96/24音源とCD音源を聴き比べ

e-onkyo music“MASTER OF SOUND”の試聴イベントがタワレコ新宿店で開催 − DAC-1000も発売前に試聴可能

ファイル・ウェブ編集部
2010年11月30日
「アーティストの意図した音楽を余すところなく伝える」をコンセプトに、「DVD-ROM(96kHz/24ビットファイル)+CD(44.1kHz/16ビット)」のパッケージ版と、e-onkyo musicでの96kHz/24ビット&DRMフリー販売の2種類で高音質音源を提供する“MASTER OF SOUND”。第1弾となるHarvie.S Trio「Too Late Now」のリリースを記念して、同作に収録されている96/24音源とCD音源を聴き比べるイベントが、12月12日にタワーレコード新宿店にて開催される。

Harvie.S Trio「Too Late Now」

イベントでは、12月24日に発売される192kHz/32bit対応DAC「DAC-1000」を使い、「Too Late Now」の96/24音源とCD音源の聴き比べを実施。PCを使った新しいスタイルとしていま注目を浴びる“ネットオーディオ”の醍醐味も体験できる内容になっている。

192kHz/32bit対応DAC「DAC-1000」も発売前に登場

定員は20名前後で、参加するにはこちらのフォームから申し込みが必要。応募締切は12月6日の午後12時だ。応募者多数の場合は抽選となる。なおタワーレコード新宿店で「Too Late Now」を既に購入しているユーザーは、優先的に案内されるとのこと。

「Too Late Now」をイベント当日もしくはイベント前にタワーレコード新宿店で購入した参加者には、本作の未マスタリング音源がプレゼントされる特典も。マスタリング過程における音質の違いを聞き比べて楽しむことができる、貴重な音源だ。

イベントの詳細はこちらからご覧頂ける。

関連リンク

関連記事