実売17万円前後

キヤノン、「EOS 60D」に“ダブルズームキット”を追加

ファイル・ウェブ編集部
2010年11月12日
キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ「EOS 60D」(関連ニュース)に標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」と望遠ズームレンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」の2本のレンズをセットにした“EOS 60D・ダブルズームキット”を11月19日より発売する。価格はオープンだが17万円前後での実売が予想される。

EOS 60D・ダブルズームキット

「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」と「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」は、シャッタースピード換算で約4段分の補正効果を発揮する手ブレ補正機構を搭載したEF-Sレンズ。「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」には高精度の非球面レンズを、「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」にはUDレンズ(特殊低分散ガラス)を、それぞれ採用することにより、諸収差を良好に補正しズーム全域での高画質を実現したという。

【問い合わせ先】
キヤノンお客様相談センター
TEL/050-555-90002

関連リンク

関連記事