高感度撮影機能も充実

キヤノン、フルHD動画撮影対応のエントリーデジタル一眼「EOS Kiss X3」を発売

Phile-web編集部
2009年03月25日
キヤノン(株)は、約1,510万画素CMOSセンサーを搭載し、フルHD動画の撮影にも対応したデジタル一眼レフカメラのエントリーモデル「EOS Kiss X3」を4月下旬に発売する。

■デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X3」/4月下旬発売
・ボディ単体/¥OPEN(予想実売価格90,000円前後)
・レンズキット(EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS)/¥OPEN(予想実売価格100,000円前後)
・ダブルズームキット(EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS/EF-S55-250mm F4-5.6 IS)/¥OPEN(予想実売価格130,000円前後)


EOS Kiss X3
撮像素子は新開発の有効画素数約1,510万画素APS-CサイズCMOSセンサー。映像エンジン「DIGIC4」を搭載し、CMOSセンサーからの映像信号を高速、かつ低ノイズに処理する。14bitでデジタル処理を行うことにより、幅広い階調表現やナチュラルな色再現を実現している。また被写体の明るさとコントラストを自動解析し、暗い部分の明るさを最適補正するオートライティングオプティマイザー機能と顔検知機能により、逆光環境でも顔を明るく補正してきれいに撮影できる。また装着したレンズの特性に応じ、画像周辺部の光量を自動補正する機能も搭載する。

本機はエントリー向けのEOS Kiss DIGITALシリーズとして、初めて動画撮影機能を搭載した。モードダイヤルで「動画撮影モード」を選択して、シャッターボタンを押すだけで簡単に動画が撮影できる。記録画質は1,920×1,080画素・20fpsのフルHDサイズから、1,280×720画素・30fps、640×480画素・30fpsの3種類が選べる。動画はH.264、音声はリニアPCMで記録され、ファイル形式はMOVとなる。動画撮影時にもオートフォーカス機能、手ブレ補正機能を連動させることができる。撮影中のISO設定はISO100〜ISO1600の間でカメラが自動で行う。動画撮影中でもシャッターボタンを押すことで、一時的に動画撮影を中断し、静止画撮影を行うこともできる。カメラ本体にはHDMI端子が搭載されており、本機で撮影したフルHD動画を大画面テレビで再生して楽しむことも可能だ。

高感度撮影機能も充実させている。EOS Kiss DIGITALシリーズとして初めてISO感度拡張機能を搭載しており、常用設定範囲のISO100〜ISO3,200のほか、ISO6,400、ISO12,800も設定できるようになり、デジタル写真の表現領域がさらに広げられた。各ISO設定でJPEGのラージ(4,752×3,168画素)、ミドル(3,456×2,304画素)、スモール(2,352×1,568画素)、ならびにRAW記録まで、それぞれのサイズで静止画像を撮影できる。

本体背面には約92万画素の3.0型液晶モニターを搭載。表面に反射や汚れ防止に効果を発揮するマルチコーティング処理を施し、視認性を高めている。またCMOSセンサーからのリアルタイム映像をモニターで確認しながら撮影できるライブビュー撮影機能も採用されている。光学ファインダーは倍率約0.87倍、視野角24.5度を実現。


ライブビュー撮影機能対応の液晶モニター

スピードライト「270EX」
本体には多彩なアプリケーションソフトを収録した「EOS DIGITAL Solution Disk 20」のCD-ROMが付属する。また同時期にスピードライト「270EX」も発売される。価格は税込で16,800円。

【問い合わせ先】
キヤノンお客様相談センター
TEL/050-555-90002

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドCANON
  • 型番EOS Kiss X3
  • 発売日2009年4月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格100,000円前後)/レンズキット
●有効画素数:1510万画素 ●撮像素子:CMOSセンサー ●記録媒体:SDHC/SDメモリーカード ●ISO感度:ISO 100〜12800 ●電源:バッテリーパックLP-E5×1 ●外形寸法:約128.8W×97.5H×61.9Dmm ●質量:約480g(本体のみ)

関連記事