radikoガジェットは95万ダウンロードを達成

「radiko」の実用化試験配信期限が3ヶ月延長

ファイル・ウェブ編集部
2010年08月13日
IPサイマルラジオ協議会は、IPサイマルラジオ「radiko」について実用化試験配信の期限を当初予定の今年8月31日から3ヶ月間延長すると発表した。

同サービスは、地上派ラジオ放送を同時にインターネットストリーミング配信するというもの。4月にリリースした「radikoガジェット」(関連ニュース)は約95万DL、5月10日にリリースしたiPhone向けアプリ(関連ニュース)は約65万DL、7月27日にリリースしたAndroid向けアプリ(関連ニュース)はすでに約2万DLと、順調に数を伸ばしているという。

実用化試験配信については、サービス開始数ヶ月を経た現在でも週間のべ聴取者数は300万人を数え、アンケートにおいても99%のユーザーがサービスの継続を希望しているという。

また、9月以降の実用化について、現状では、この試験配信中に発生しましたさまざまな課題や、実用化に向け取り組むべき事案が発生。このため、当初の予定から3ヶ月間の実用化試験配信期間の延長を決定したとしている。

関連リンク

関連記事