音響特性をグラフィカルに表示可能に

パイオニア、新AVアンプ「VSA-1020/920」用のPCアプリを無償配布

ファイル・ウェブ編集部
2010年04月20日
パイオニア(株)は、本日発表した新AVアンプ「VSA-1020」「VSA-920」(関連ニュース)向けの「アドバンスドMCACC PC表示用アプリケーションソフト」を無償配布する。

「VSA-1020」と「VSA-920」には、視聴室の残響特性を測定する機能がある。測定結果をUSBメモリに転送してから、本ソフトをインストールしたPCに取り込むと、結果を三次元のカラーグラフで表示できるようになる。残響特性や、MCACCによるEQ補正後の残響特性を、PC上で分かりやすく確認することが可能だ。

アプリケーションソフトはWindows Vista/XPに対応。画面解像度が800×600以上で、USBポートを搭載していることが条件となる。

ダウンロードはこちらから行える。

関連リンク

関連記事