WDSHE日本代表 塚越氏がトップに就任

ディズニー、映画配給とホームビデオ配給部門を統合 − 新組織ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン設立

ファイル・ウェブ編集部
2010年03月03日

ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン シニア・ヴァイス・プレジデント兼ゼネラル・マネージャー 塚越隆行氏
ウォルト・ディズニー・ジャパン(株)は、ディズニーの映画配給部門であるウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズと、ホームビデオ配給部門のウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメントを統合し、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンを設立する。3月1日付けで組織改正および人事異動を実施した。

新組織ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンのトップには、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント 日本代表の塚越隆行氏がシニア・ヴァイス・プレジデント兼ゼネラル・マネージャーとして就任。ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ・ジャパン 日本代表の鈴木英夫氏は3月31日付けで退職する。

同社は「近年著しく変化する消費者のライフスタイルに合わせて、映画からDVD/ブルーレイなどのパッケージメディア、さらにはVOD、そして、テレビまですべてのプラットフォームを一貫してサポートしていく。この新組織は、総合的なプロモーション活動を行い、消費者行動の変化に対応していく理想的な構造となる」とコメントしている。

関連記事