高速データ転送を低消費電力を実現

東芝、フルHD動画処理可能な携帯電話向け低消費電力LSIを開発

ファイル・ウェブ編集部
2010年02月12日
(株)東芝は、携帯電話などでもフルHD動画処理が可能な低消費電力LSI「T6G」を開発したことを発表した。今後順次製品化していく予定だという。

1チップに複数のコアを内蔵するマルチコアプロセッサーは、多機能化を実現できるものの消費電力が大きくなってしまうという課題があったとのこと。今回開発したLSIは内部を25個の電源領域に分けてそれぞれに電源供給のスイッチを設置。動画の撮影や再生など、動作ごとに必要な領域のみ電源を随時供給する制御を行う。これにより動作していない部分の電力商品を削減することができ、低消費電力を実現した。

さらに、テレビ放送信号の復調や3Dゲームなどの機能については、同社液晶テレビ「REGZA」やゲーム機向け回路を携帯電話用に改良した専用回路を採用し、消費電力を低減させた。

また、メモリアクセスの高速化を実現するため、DRAMとプロセッサをマイクロバンプで直接接合。マイクロバンプ間の配線幅は5マイクロメートル(世界最小)とし、小さな面積に多数の設置を実現。10.6GB/秒の高速データ転送を、低消費電力で可能にしたという。

同社は今後携帯電話向けLSI事業をさらに強化していくとコメントしている。

関連記事