映像レイテンシーも0.1秒以下

ランサーリンク、非圧縮1080p信号のワイヤレス伝送に対応したHDMI送受信ユニットを発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年02月01日

WHD-11TRX(左が受信機で右が送信機)
ランサーリンク(株)は、非圧縮の1080p信号のワイヤレス伝送に対応したHDMI送受信ユニット「WHD-11TRX」を2月1日に発売する。価格はオープンだが、7万円前後での実売が予想される。

本製品は、入出力を各1系統ずつ装備した無線HDMI送受信ユニット。非圧縮フルハイビジョン映像1920x1080pとオーディオ信号を最大20メートルまで無線伝送することが可能。

WHDI(Wireless Home Digital Interface)の代表格であるイスラエルのAMIMON社のベースバンドテクノロジーによる第2世代型のStanderd 802.11 a/n RFICチップセットを搭載。映像レイテンシーも0.1秒以下という数値を実現している。

映像は最大1080p@24/30fps、音声は最大3,072Mbit/s AC3及びDTSまで対応。周波数帯域は5.0GHzから5.9GHz(non-DFS Frequency Bands)を使用し、米国、欧州、台湾、日本の仕様に対応している。また、同社では「価格もこれまでの機種に比べ、半分以上の値下げをして購入しやすくした」とコメントしている。

【問い合わせ先】
ランサーリンク(株)
TEL/03-6280-8385

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドLANCERLINK
  • 型番WHD-11TRX
  • 発売日2010年02月1日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格70,000円前後)
●外形寸法:180W×39H×140Dmm(送受信機とも)

関連記事