INDULGENCE シリーズがお目見え

【CES】オーディオクエスト、イーサネット対応1.4規格のHDMIケーブルを出展

AV REVIEW編集部・小澤貴信
2010年01月11日
ベネチアン・ホテルの会場の一角に出展したオーディオクエストのブースは、終始熱心なファンで溢れ、同社スタッフに様々な質問を繰り返していた。


単体コンポーネントに比べれば全体的にアクセサリーの展示は少なく感じたが、ブースを訪れるファンは非常に熱心に質問していた
今回の同社の展示で特に目立っていたのは、HDMIケーブルのラインナップ。3Dやイーサネット、オーディオリターンチャンネル機能に対応となるHDMIのver1.4規格に準拠した最新モデルを展示していた。


HDMIケーブルの最新ラインナップが大きくフィーチャーされていた同社ブース
会場に出展されたHDMIケーブルは、「INDULGENCE シリーズ」と呼ばれるラインナップ。ソリッドLGC導体を採用した「FOREST HDMI」や1.25%銀メッキLGC導体採用の「CINNAMON HDMI」、2.5 %銀メッキLGC導体採用の「CHOCOLATE HDMI」、5%銀メッキLGC導体の「CARBON HDMI」、10%銀メッキLGC導体の「VODKA HDMI」、オーディオ性能を飛躍的に向上させる誘電性バイアス・システムを備えた「COFFEE HDMI」、「DIAMOND HDMI」と全7モデルからなる。また、この「INDULGENCEシリーズ」にはUSBケーブルも5モデルがラインナップされるという。


展示されていた「CHOCOLATE HDMI」の1mモデル

こちらは「Forest HDMI」1m。導体の他、被服にもちがいがある
他にも、スピーカーケーブルから電源ケーブル、インターコネクト・ケーブルなど、同社ブースには多数の製品が出展されていた。

関連記事