簡単&低コストで3Dコンテンツを制作可能

ビクター、2D映像を3Dへリアルタイム変換できる業務用3Dイメージプロセッサを発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年01月05日

業務用3Dイメージプロセッサ「IF-2D3D1」
ビクター・JVCは、通常の2D映像を3D映像にリアルタイム変換できる業務用3Dイメージプロセッサ「IF-2D3D1」を2010年2月より発売する。価格はオープンだが、250万円前後での販売が予想される。

本機はRealD社との技術提携第一弾製品。独自のアルゴリズムより2D映像を3D映像へリアルタイム変換が可能。変換方式は「Line-by-Line」「Side-by-Side」「Above-Below」「Checkerboard」の4つから選択することができる。さらに「PARALLAX」(視差量調整)と「INTENSITY」(立体感の強さ)の調整機能も備え、生成する3D映像をカスタマイズすることも可能だ。

変換可能な3D映像の方式

また、3Dカメラで撮影した映像を3Dモニターでリアルタイムモニタリングできる「LRミキサー」機能や、3Dカメラのセットアップを助ける「3Dカメラ調整補助」機能など、撮影・編集時の補助機能も備え、制作作業を効率化できるという。

接続端子として、放送局などで標準的に使われているHDSDI入力を2系統、HD-SDI出力を2系統、HDMI(ver.1.3)を1系統備えている。

既存の2D映像を、これまでより簡単かつ低コストで3D映像化することができることは大きなメリットだ。同社は今後本機に搭載された各種技術を活用し、搭載機器の販売はもちろん、IPライセンスや、(株)ビデオテックでの3D映像及び2D-3D変換映像の受託制作など、さまざまな3Dソリューションを展開していく計画とのことだ。

なお本機は、7日から開催されるInternational CESに出展される。

関連記事